元・野良ちゃんで肢を無くしたリオンとFIPでも元気に頑張ってる局長の日々。


by lyon-sion
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

爆食さっちゃん帰還

ふらつきが治まってすぐ、今度は口内歯肉炎に。

なんかごはんを食べてて大騒ぎしてるなぁと思ったのだけど、それが最初分からず。
そのうち大騒ぎが絶叫に変わったので、ふらつきの再診をかねてまた受診することに。

とりあえず口を見てみましょうということで、口角あたりをべろんと。

そしたらまぁ見事に真っ赤;;

これじゃごはん、とりわけカリカリなんて食べた日には絶叫もの間違いなし。

見た限り歯石があるわけじゃなし、抗生剤とサプリメントで対処しましょうということになった。

参考程度だったけど、私の経験を話してみた。

私はよく歯茎の表側が口内炎になる。
人のをよくよく聞いたことはないんだけど、歯茎の一部が赤くなってぶよんぶよんになって
それが進むと今度は硬くなって真っ白になりパックリと口を開くのだった。
その大きさ1センチ。かなりでかいと思う。

そうなると何しても痛い。
最初はケナログという口内炎の軟膏を塗るのだけど、そもそも触るのが痛い。

なので、今は便利な口内炎パッチ(大正製薬だったと思う)を口内炎に貼り
あとはひたすらチョコラBBを飲みまくるのだった。
口内炎にはビタミンB、もうこれ一択!
そうしてごまかしごまかしやってると、大体2週間程度で口内炎は縮小し
歯茎も元通りに。


ということで、幸の口内歯肉炎も2週間?
やっぱビタミンBなの?
と聞いてみると、こればかりは何とも・・・ただ難治性にならないことを祈るばかりだった。

その日は抗生剤のアモキシシリンの粉末をもらい帰宅。
最初はごはんに混ぜても食べてたんだけど、ネタバレしたらしく拒絶される。
なのでシリンジに、1mlの水で粉末を溶いたものを入れ、幸の口にぴっ!と噴射!

大暴れされつつもそれで1週間飲ませて再診。

「うーん、腫れが引いてませんねぇ」ということで、もうちょっとだけ強い抗生剤にチェンジ。

またシリンジで・・・1週間投与して、再診。


「先生、まだ痛がるんですが・・・」というと

「全く効いてませんね・・・」

「ですよね・・・」

の会話の後、獣医師から痛み緩和に切り替えましょうと提案を受ける。

抗生剤で歯周の菌を殺菌しようとしたけどそれがダメなら
とりあえず痛みだけ取って、なんとか食べられるようになりましょうということだった。

処方されたのは、メロキシカムという鎮静剤。
シロップ薬で甘いらしい。

これを歯肉の赤み部分へポタポタポタと3滴直接塗布。
で、そのまま飲み込んでしまえばよいらしい。
甘いせいか、1滴たらすごとに幸も口をモゴモゴしてから舌を出してぺろんと舐めきる。

これがテキメンに効いた。
塗布4日後でカリカリが食べられて、6日後にはいつもどおりの食餌に戻れた。

それからは誰よりもごはんをバクバク食べてるので、これで一応復活・・・かも。

ただ赤みは完全に消えていないので、土曜日も通院。

とりあえず痛みが消えて食いまくっていることを伝え、体重を測ってみると1.98kg。
ぶっ倒れる前まで戻せた。

ではこの方針のまま行こうと言うことになる。

最初にもらったメロキシカムは2週間分。
1週間投与で、幸はまったく傷みのない生活になったのだけど
このまま続けて、炎症が収束することを期待し、2週間使い切ったところで
この薬剤で良かったかどうかの最終的な評価をしましょうということになった。
ただ、現時点ですでに痛みが沈静化しているのなら、減薬に入るのも良いかもとのことで
シロップポタポタは2日に1回になった。

ちなみに、ラクトフェリンもいいらしい。
じゃあごはんに混ぜればいいのか?と聞いたら、できればクリーム状に練って
歯茎に塗るのが良いらしい。

が、連日の鎮痛剤と塗布のため、幸をとっ捕まえているせいか
なかなかそれが出来ない。

寝るときも完全に私が布団に入って静かになったころに
そっとやってきて、私の腰付近よりかかって寝ている。
ちょっと切ないが、あと1週間でシロップとさよならできるかも。
[PR]
by lyon-sion | 2010-02-28 23:37 | ちびたち通院メモ