元・野良ちゃんで肢を無くしたリオンとFIPでも元気に頑張ってる局長の日々。


by lyon-sion
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

幸通院メモ20101107~減薬とラクトフェリンとお茶

f0114416_13111732.jpg


今年何回目かもう忘れちゃったけど、いつものメロキシカムが無くなったので幸を連れて病院へ。

口腔内の痛みさえなければ3人前のごはんを食べるのだけど、体重はやっぱり2kgを切っていた。
それでも1.96kgあるので、体調は維持できているし、検査をして正確な体調把握をするまででもないということになった。

とにかく歯肉炎と口内炎、これさえ治まればいいのだけど、そうは簡単にいくもんでもなく。

幸の口の中は、
 ○歯石はまったく無いので細菌性のものではない
 ○また、歯石が無いのでそこから発生する歯周炎でもない
 ○傷がついたことからの炎症ではない(抗生剤投与も意味が無かった)
ということで、やっぱりFIVウィルスによるのだろうけど・・・うーん。

やっぱりギリギリのとこで、メロキシカムを投与して凌ぐしかないですかねーと言ったら
獣医師はそろそろ減薬を考えてみたほうがいいと言う。
いい加減、使いすぎといえば使いすぎではある。
ステロイドを併用してない分、まだましではあるけれど。

じゃあ、なんか補助的食材かなんかで補う?
あー、やっぱラクトフェリンですか?
と聞いてみたけど、あれは歯茎周辺に粉が付着してくれないと意味がない。
飲み込んだ分は、それはそれで健康にいいのだけど口腔内にあるフローラ(常在している細菌)にくっついて初めて効いてくる。

そもそもラクトフェリンっていうのは、ラクト(牛乳)+フェリン(鉄を捕捉する蛋白質)で構成されているからラクトフェリンといいます。
★幸に使うのは牛さん由来のものなので、牛乳と書きます。正確には『乳』です。★
このラクトフェリンが細菌やウィルスの生育を抑制するんだそうで。
ついでに口腔内フローラの善玉菌も増やしてくれるので、口内炎とか酷い口臭」改善されますよというのが根拠です。

もちろんそればかりではなく、免疫賦活の効用もよく言われてるんで、歯茎の付着ばかりではなく
飲み込んでも健康になりそうな食材(こーゆーのを機能性食材って言います)なわけですな。
ちなみに文献もありますー。

***************************************
和文標題:猫の口内炎に対するラクトフェリン療法
英文標題:The Therapeutic Effect of Lactoferrin on Stomatitis in the Cats.
著者名:佐藤れえ子, 内藤善久, 村上大蔵, 冨沢伸行, 柳谷由美子, 佐々木重荘 (岩手大 農)
抄録(要点抜書き)はこちら→猫の口内炎に対するラクトフェリン療法
***************************************


今更ながらではありますが、局長にもずっとラクトフェリン飲ませてたんですが
まぁ可もなく不可もなく・・・でした。
いや、こう書けるのは効いてたからかもしれない。
だって体調がダダ下がりの時に、「可もなく不可もなく」なんて当時書いていたのだから
やっぱ踏みとどまるだけの効用は発揮してたのかも。

んじゃ何で局長にあげるのを止めたのかというと、下痢が酷くなったから。
もしラクトフェリンを買うことがあったら、後ろの説明を良く見て欲しい。
乳糖不使用とはどこにも書いてないのだ。
親切な会社だと、「乳糖不耐性の動物に投与した場合下痢を起こすことがある」と書いてある。

体調はそこそこで下痢のみが局長の場合酷くなったので
あー、これは乳糖だよねぇということで止めたのだった。

普通の排便が出来る子なのであれば、少々のゆるゆるうんちになったとしても
私だったらラクトフェリンの効用を優先する。
だけど、局長は常時下痢なので、それが更に水様便になると、体力を余計に使うことになっちゃうから止めざる得ないなというのが当時の感想だった。


んで話は幸に戻るんだけど・・・
ラクトフェリンの前に「人間で効果のある食品」を幸にどうかと聞いていた。
あんまりポピュラーでもないんだけど、「ナタマメ茶」って知ってますか?
あれ、人間の口内炎や口臭に効くんです。
私は肩から腕にかけての発疹があるんですけど、それの治療にと昔から母に飲まされてました。
けっこうまずいです。お茶としてはwww
濃く淹れるとコーヒーみたいでして、コーヒー好きな私だから飲めたようで、上の弟なんかは脱落しておりましたわー。
あ、でも下の弟のニキビには絶大な効果がありました。でも毎日2リットルくらい飲んでたけど。
でも凄まじい夏みかん顔と首のニキビが治ってました。

これ、抗菌作用があるんですよ・・・って、普通のお茶にもありますよね(笑)
みなさまご存知の、カテキンってやつです。
なんでナタマメ茶なの?っていうと、なんでもナタマメにしか入ってないコンカナバリンAという成分が解毒促進をもたらすそうで。
が、これ、カテキンと違ってあんまり研究してる人がいなくて、文献は見つからなかったです。
ようはみんな昔から飲んでるから大丈夫だよなっ!っていうレベルですね。
かく言う私も飲んでても元気でしたし(笑)
ただこれ、加工しないと毒性があるお豆さんなので、気をつけてくださいまし。

でね、人間が飲んで効果があるなら、さずがに猫にお茶飲ませるわけにもいかないけど
粉末食べさせるのどうよ?的な質問を獣医師にしてみました。

んで、あっさり回答をくれましたね。
「お茶だから悪くないけど・・・苦いでしょ?ネコさん食べるかなぁ?・・・」
その通りですね、はい。と、この質問は5秒で終わりました;;

んじゃー、ラクトフェリン、今度は幸に使いますって獣医師に言ったら
最近、そこそこの効果を挙げてる類似品が出たからそれ使ってみてとまたサンプルをもらうw

まず私が舐めてみました。
苦くない。

テルモの「オラフォート」というサプリメントを一包。(2g入り)
これ、基本は犬用として売られてますが、猫にもOKです。
メインの成分は・・・
 ■乳酸菌
 ■ラクトフェリン
 ■ビタミンC
 ■茶抽出物
 ■卵黄粉末・・・その他モロモロ。
です。

あ、入ってましたね、茶抽出物=カテキン(笑)と獣医師も笑っちゃってましたが
まぁ、わずかでも抗菌作用があるものが入ってるわけですね。
んで、ビタミンCは体内合成できちゃうわけなんですが、水溶性で体の中に留めておけないのでその補助的に入ってるそうです。

使い方はラクトフェリンと一緒です。
粉を歯茎に付着。
まぁ、粉を付着させるということは、缶詰ではダメだそうで。
猫缶の水分で溶けちゃうんで、歯茎にくっつかずそのまま胃袋へ行っちゃうんですね。

・・・と、ここまでは獣医師に説明してもらった話です。

正確なことが知りたかったので、3点の疑問をテルモに電話して直接教えてもらいました。

 Q茶抽出物とあるけど具体的には何の成分か?カテキンですか?
   →A.カテキンです

 Qカテキンであるならば苦味があるはずだけど、苦味成分はカフェイン由来のものではないですか?
  カテキンは除去できますか?されてますか?
   →A.カテキンではあるが微量なので、カフェインはほぼ入ってない。

 Q犬用と謳われてますが猫の口内炎にもいいと獣医師に聞きました。具体的には何の成分が口内炎に効くのですか?特定成分ではなく相互作用ですか?
   →A.猫の口内炎ということに絞るなら効果を期待できるのはラクトフェリン。
      ただラクトフェリンだけでは食べづらいので、チキンエキス等を入れて嗜好性を高くし
      食べやすくしている。
      健康食品なので、1日2日でどうこうというものではなく、常用して変化が現れると考えている。
      そのために食べやすくしている。

ということでした。
ちなみに、これは卵黄・乳酸菌加工健康食品なので、主目的は犬(猫も可)の口腔内細菌正常化だそうです。
その副効能(効能とは本当は言っちゃいけないが)として、開発段階で複数の獣医師からラクトフェリンの添加の提案があり、組み込まれたとのことでした。

うーん、なるほどねー。
まぁ、健康食品だもんね^^
電話に対応してくれた営業さんも、そこは明確に言ってました。
でもラクトフェリンにビタミン剤が入ってると考えると、まぁいいのかな。
たまによだれで口の周りがデロデロなんだけど、ちょっとでも助けになれば。

つーことで、2g1本(包)あたり160円。
2kgの幸だと、1日2回0.5gずつでいいそうです。
とりあえず1箱くらい、使ってみようかと。

でもカリカリに振りかけて、それをバリバリと食べてくれて初めて歯茎に付着するんだよね。
なので、「バリバリ」してもらう前にメロキシカム投与・・・
を経て食べさせて見たら・・・・・

さっちゃん、痛み止め飲んだからバリバリイケんのに、わざわざオラフォートかかってないカリカリを
一粒ずつ手で外に出して、ぽりぽり食べてたwww

もう全粒にまぶして出してみるしかないな(笑)
[PR]
トラックバックURL : http://fromlyon.exblog.jp/tb/14985113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 竜田姫 at 2010-11-15 22:06 x
リンクありがとうございます♪
ずーっとお願いしたいと思いながら、私のブログがカメさんなのでためらっておりました(^^;
なるべく更新したいと思いますので、これからも宜しくお願い致しますm(_ _)m

ままむんばさんはとっても勉強家なので、色々教えていただいてます。
ラクトフェリン…口内炎に効くんですねф(..)メモメモ
うちのバロンの歯肉炎?にも効くかなぁ。
まだ2歳7ヶ月位なのですが、歯の根本が赤くて口臭があるんですよね。
FIVもFeLVもマイナスでよだれや痛みはないみたいなんだけど…。
知り合いに相談しても、治療の仕様がないって言われて。
かかりつけに聞いてもこれといった返事はもらえなかったんです。
ラクトフェリンとオラフォートのことを尋ねてみようかな。

幸ちゃん、ちゃんとお薬のないところをよって食べてるんですね。
お薬も食べなきゃダメだよ~(笑)
Commented by lyon-sion at 2010-11-24 01:22
竜田姫さん、こちらこそありがとうございました^^
バロンさん。。。歯周炎?でもうちの幸も歯肉炎で口臭ありますよ。
痛み止めのメロキシカムを点薬するとあっさり消えるんですが^^;
バロンさんの赤みは痛みがあるんでしょうか?
赤みが炎症だとすると、口臭の原因物質が歯茎を弱くして炎症伝達物質が浸透し易くなるんですが、そこを遮断できるかどうかで口臭が止まるようです。(なので幸は薬を点薬するとすぐ止まるんです)

健康食品ですが、個人的にはお勧めです。
人間でもそうですが、詰まるところ口腔内っていうか粘膜系は免疫ですよね。
ラクトフェリンは粘膜側からも、消化吸収する内臓器官側からも免疫安定と本来の口腔内機能の正常化っていうのだけは証明されてるので、試す価値はあるかもです。でも乳糖が入ってるので、ちょっとお腹がゆるくなるかもなので、猫にとっては微妙ではあるんですが・・・
多分、販売単位は1瓶とか1箱だと思うんですが、それで1~2ヶ月分だと思うので、使い切って続けるかやめるかの判断が出来ると思いますー。
Commented by lyon-sion at 2010-11-24 01:22
(続きです)
あ、うちの場合ですが病院で買うと、最初は瓶ごと買って後は空瓶持って中身だけ詰めて売ってもらってます。
バロンさんの口の中、早く良くなるといいですね^^
Commented by 嶋田 at 2012-02-01 18:08 x
はじめまして。
うちにも腎不全から口内炎を患ってしまった猫がいます。
ラクトフェリンをカプセルに詰めて飲ませているのですがそれでは効果はないのでしょうか?

やはり歯茎に付着させないと効き目はないのでしょうか?
良い方法があったら是非知りたいです。

ご飯には完食しないので混ぜれないし、シリンジは嫌がって飲みません…。

宜しくお願いします。
Commented by lyon-sion at 2012-03-04 01:24
嶋田さま
初めまして、我が家の猫ブログにお越しいただきありがとうございました
また返信がおそくなり申し訳ありません
時間が経ってしまっていますが、ご質問の件、私が調べて知り得る範囲で書かせていただきます

■ラクトフェリンをカプセルに詰めて飲ませる

口内炎の緩和に・・・という事でしたらNGです。ラクトフェリンの「フェリン:Fe(鉄分)イオン」の細胞が歯茎の炎症部分に付く事で、その原因菌の繁殖を抑える効果を発揮します。(抑えられれば口内炎も収束傾向になります)
カプセルに詰めてしまうと、カプセルのゼラチンは胃酸で溶けていくので、効果はありません。もちろん口内炎の炎症を抑える以外の、免疫アップなどにはカプセルで飲ませてあげたほうがいいかも知れません。うちの口内炎の猫さんは猫エイズ由来の口内炎なので、体調が落ちたときにはラクトフェリンとオメガ脂肪酸をごはんに添加したりしています。
私もどうしたものかと思ったのですが、つまるところ、ドライフードに大量にかけて、僅かでも口内炎の辺りにくっついてもらうしかなかったですね。
Commented by lyon-sion at 2012-03-04 01:24
ただ、我が家には全員で4匹の猫がいまして、ラクトフェリンを重点的に必要とする猫は1匹だけでした。
ですので、ごはんは4皿出すのですが、どの猫がどのお皿で食べるかなんて判らずなので、結局4皿にかけました。そうすると、ラクトフェリンは当然ながら乳糖が含まれているので他の猫の便が緩くなってしまい、今はやめています。(でも夏場は健康維持のために再開したいと思っています)
もし嶋田さまのお宅の猫さんが1匹だけとか、決まったお皿でしか食べないということであれば、一定期間振りかけたものをあげてみても良いかもしれません。
ほんの僅かでいいんです、粉が歯茎に直接くっつけば。
叶うなら、猫さんの口をパカって開けて粉を振りまいちゃいたい所ですが、さすがにそれも出来ず・・・でした。
ちなみにドライフードはNGですか?
缶詰だと歯茎へ付着する前に飲み込んでしまうので、液状の痛み止めを処方してもらい、ドライフードを食べさせています。
瞬時に痛みを遮断してくれるので、ドライフードも痛がらずバリバリ食べてくれています。
Commented by lyon-sion at 2012-03-04 01:25
うちの獣医師は、メタカム(薬物名メロキシカム)を処方してくれています。
連続投与は出来ませんし、最大使用量に制限がありますが、すぐに痛みを抑えてくれるので、舐めさせた日を必ず記録して疼痛管理をしています。
http://www.kyoritsuseiyaku.co.jp/topics/view.php?newst_list_id=142

プレドニンをまだ使いたくないので、私もまだまだ色々痛み緩和・炎症緩和の効果があるものを探し続けていますが、今のところはそれで何とか食べて元気に過ごしてもらっています。
by lyon-sion | 2010-11-15 15:53 | ちびたち通院メモ | Trackback | Comments(7)