元・野良ちゃんで肢を無くしたリオンとFIPでも元気に頑張ってる局長の日々。


by lyon-sion
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

明日の検査待ち

f0114416_2312459.jpg

諸々あって、明日の検査結果待ち。

緊急時の酸素濃縮器もレンタルしたし
(まだ酸素室にする予定のビニールハウスが到着してないが)
自宅看護態勢は出来た。

検査結果待ちだし、楽観してはいけないが
胸水が認められた日の翌日のレントゲンでは、胸水が減って真っ白に写ってた肺に黒い部分が見えて来た。

ついでに、Bunが111、Creが10ちょっとまで減ってくれていた。

ごはん、お水の自力摂取は全くないけど、それでもシリンジで口に入れるとちゃんとのみこんでくれて、1日の必要カロリーと利尿剤に奪われるカリウムはちゃんと取れているのが嬉しい。

肝心のリオンの様子だが、へたばるけどトイレは自力で行って、ちゃんとベッドに戻ってる。

何故か日中は元気で、外で日光浴させろと鳴く。
さすがに無理だが、窓の前での日光浴はいつもどおりだ。
とりあえず、悪い状態でも落ち着いてはいる。

さて、明日は会社へ行く。
心配ではあるが、先立つものが無ければ治療もままならない。

多分、現時点での治療費は安い範囲だと思うし
病院も携帯酸素セットを加圧パックに続き無料レンタルしてくれるし、リオンが食い付きそうな療養食のサンプルを取り寄せしてくれたりで感謝しかないのだが
それでも毎回血液検査とレントゲンと在宅投与の注射、輸液を数日分となると、諭吉の飛びかたが半端ない。


写真は浮腫Maxの時の輸液中リオンさん。
ここから利尿剤効果でもとの体重に近づきつつあります。
見た目は元気そうなので、何かの見落としが怖い。
[PR]
by lyon-sion | 2015-02-05 23:12 | リオン通院メモ(N病院)