元・野良ちゃんで肢を無くしたリオンとFIPでも元気に頑張ってる局長の日々。


by lyon-sion
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今朝のリオン

5時に顔を見たら、結膜炎悪化で涙を流していた。

ちょっと目やにも出てたし、瞬膜も出てきて充血もあった。

輸液の時に目薬を差したら、何とか涙は治まった。

輸液はフロセミド(利尿剤)を添加。
(抗生剤とガスター10は夜に輸液に添加)

でも輸液してもやっぱりぐったりしている。
鼻翼呼吸(鼻をすぴすぴしている状態)も止まらない。


食餌はキドナ1袋にニュートリをティスプーン2杯をお湯で溶いたもの。

滑り出しは良かったが、半分食べたところでベッドを飛び出し、廊下で全部吐いた。

ベッドで吐いてもいいのに〜と、あんまり深刻な口調にならないように声を掛けたが、どんな顔をしてたかかは背を向けて座ってたのでわからない。

そしておしっこのためにトイレへ。
でも、もしかしたらうんちもしたっぽい。
残されたうんちを見たら、先端はカチカチだが、そのあとは普通の状態だった。

吐いて更にトイレで力み、ぐったりかと思いきや、リオンは座ってたので、あれ?と感じた。

昨日は輸液と強制給餌を嫌がってベッドを抜けだした時には、背中で呼吸してその場にへたりこんでいたからだ。

そして、バルコニーに行くドアの前でいつもの調子で鳴く。
これは、「外出して」だ。

ドアを開けるとバルコニーの真横の部屋なので、かなり寒い。

でも寒いのとまだ真っ暗なのを見れば納得するかと思いドアを開けたら、一気に廊下に流れる寒気で察したらしい。

その時、やっぱり外に出たい平助もいたのだが、平助のほうが先に戻って行ったので、リオンも行くのをやめて引き返した。

その後は、昨日のリオンに戻った。

ならば!と、もうごはんはあきらめたが、ニュートリを指にとり3回ほど口に塗り込んだ。

これは吐かずに飲み込んでくれた。
えらい!

いや、夕べはk/dにニュートリ入れて、毎食の目標値の100kcalをちゃんと摂れたのだが、フロセミドに持って行かれちゃう分の栄養は何がなんでも摂って欲しい。

そこで朝のお世話は終了。
あとは平助が面倒を見てくれる。

幸と、というと昨日リオンにくっついて
リオンがグルーミングしてやってるのを見て
これはダメだな(笑)って感じだった。


出掛けにまた顔を見たら、しっかりしていた。

あのぐったりは排泄が原因か?

とりあえず、今朝は心配を残さず家を出てこれました。

ありがとう、リオン。
[PR]
by lyon-sion | 2015-02-06 08:00 | リオン通院メモ(N病院) | Comments(0)