元・野良ちゃんで肢を無くしたリオンとFIPでも元気に頑張ってる局長の日々。


by lyon-sion
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タイムロス

毎日いろんな症状が出る。

獣医師に聞く前に自分で調べるが、きっとこれが当てはまる!なんて思ってあれこれと準備するが、ハズレだったこともある。

病状は一進一退、いや現状維持・後退なのだが
あたふたしてても、獣医師の回答を待っても、同じかも。

リオンはその間、変わらず。

注意深くチェックすることは大前提だが、ちょっとしたことで一喜一憂はなるべくしないようにしたい。
後退しても、それはそれ。だってやれることはやってるから。
それで後退するのは仕方ない。

私の緊張が、リオンにも他の猫さんたちにも伝わってしまってる。
病気発覚後19日目。
そろそろ今の状況に慣れないと駄目だな。
[PR]
トラックバックURL : http://fromlyon.exblog.jp/tb/23672763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 猫好きのポン at 2015-02-14 21:19 x
初めまして。
猫好きのポンといいます!
僕自身もリオンちゃんの病気に関して色々と調べてお役に立てる情報などがあればコメントのところに記入させて頂きたく思います。
何か少しでも病気で苦しんでいるニャンコやワンコがいればお役に立ちたいです!
これからもリオンちゃんの事を応援していきますので、是非ともよろしくお願いします。
Commented by 猫好きのポン at 2015-02-15 12:57 x
こんにちは
あれから色々調べるました
出来るだけリラックスする環境を作る
新鮮な水をいつでも切らさないようにする
出来るだけ多くの水を飲ます機会を与える
十分な睡眠と休息の時間を作る
出来るだけストレスのかからない環境を作る
食事は猫の慢性腎不全用の特別食を与えること
市販の食事は高齢食を選ぶこと
食事は出来るだけN-3系の脂肪酸を含んだ食事を選ぶこと
不必要に蛋白質を与えないこと
トイレは普段慣れた使いやすいものを使用すること
毎日出来るだけブラッシングを行うこと

重要と思われる事項
水和状態を維持するため脱水を防ぐ
カリウムを維持して低カリウム血症を防ぐ(高カリウム血症にも注意)
非再生性貧血の発症を注意して評価する
酸塩基平衝を維持するため血中の炭酸ガスを測定する
高血圧を調べるため血圧を測定する
代謝病性アシドーシスを改善する
低カルシウム血症があれば治療を試みる(高カルシウム血症にも注意)
蛋白尿があれば蛋白:クレアチニン比を評価する消化管の出血の兆候を知る
口内や胃の潰瘍の発症を抑える

治療法として
非ストレスと安静を保つ
脱水の改善と予防のため輸液療法
輸液すると低下するのでカリウムの補給療法
貧血があればエリスロポエチン療法
炎症による腎臓の障害を遅らせるためN-3系の脂肪酸療法
貧血が重度なら輸血療法
利尿作用がなければドーパミン療法
血液拡張剤(ACE阻害剤)の投与 特に蛋白尿が0.4以上の場合
低カルシウム血症があればカルシトール療法
食欲促進のための抗セロトニン療法
特に食欲不振の場合水溶性を含むビタミン療法
この中の全てが正しいとは言いません
もし気になる点や獣医と違ってる?などがあれば獣医に相談してみてください
少しでもお役に立てれば幸いです
Commented by ポテっとな at 2015-02-16 01:11 x
リオンちゃんが少しでも楽に呼吸できますように。
なんとか体調が上向きになりますように。
うまく安定して落ち着きますよう願ってます。
Commented by 猫好きのポン at 2015-02-21 01:06 x
こんばんは!
ギリギリでもいいですよ!
むしろ猫のためなら遅刻したっていいと思います!

。。。それはさすがにダメか。。。
Commented at 2015-04-01 12:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-07-07 00:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lyon-sion at 2016-02-15 16:01
猫好きのポンさん
初めまして。ブログにお越しくださってありがとうございました。
ネコさんと暮らしていらっしゃいますか?
リオンを亡くしてしまった私が言うのも何なのですが、どうか大事になさってくださいね。
Commented by lyon-sion at 2016-02-15 16:04
ポテっとなさん
コメントありがとうございました。
リオンを守ってあげることが出来ませんでした。
でも、こうして願ってくださる方がいたことリオンに教えました。
ありがとうございました。
Commented by lyon-sion at 2016-02-15 16:20
鍵コメKさん、
しばらくブログを放置してしまいすみません。
コメント読んで、どうして何の罪もない子が連れていかれてしまうのか、なんて2ネコさんとKさんに残酷なことがと思いました。どうかKさん、ご自身を責めたりしないでくださいね。看病がどれほど大変だったか手に取るようにわかります。本当に大変でしたね。これからはネコさんたちが空と海の両方からKさんを見守ってくれるかもしれないですね。ふたねこさんたち、どうか安らかに。
Commented by lyon-sion at 2016-02-15 16:29
鍵コメK(M)さん
ご無沙汰しています。こっちにもコメント有難うございました。明日で1年たちます。あの日、メールくださってありがとう。明日を迎えるにあたって今日やっとリオンの写真をプリントしてきて写真立てに入れました。じーちゃんと並べて置きました。やっぱりだめですねー。まだリオンがうちに居る気がしてますが、もうじーちゃんと同じく思い出したら気の済むまでメソメソとすることにしています。
K(M)さんも奮闘されてるんですね。私も新たな業務に奮闘してますが40過ぎに本格的に頑張っても頭に入らず宝くじ当たったら仕事辞めたいと日々思ってますが当たるわけもなく。お互い大変ですが、なんとかまた1年踏ん張りましょう。今いるネコさんたちのためにも!
by lyon-sion | 2015-02-14 20:33 | ひとりごと | Trackback | Comments(10)