元・野良ちゃんで肢を無くしたリオンとFIPでも元気に頑張ってる局長の日々。


by lyon-sion
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

北京五輪に向けて中国当局が猫を大量虐殺中

署名数が目標の2,00010,000人に達するまで、このエントリーをTopに致します。
このエントリーの次が最新です。(2008.04.10 ままむんば)


人と猫の共生を図る対策会議さまで、挙げられていたトピックです。

北京五輪に向けて、中国当局が猫を大量虐殺しているそうです。
もとはイギリスのタブロイド紙「デイリーメール」から発信されている記事ですが、翻訳されているとのことで転載させていただきました。(青文字が転載文章です)

少し長いですが、まずはお読みください。
(転載元は、最後にまとめています)
f0114416_21525537.jpg



【北京オリンピック:猫の衝撃的な死のキャンプ】

オリンピックにむけて首都北京を綺麗な街にしようと、何千匹ものペットの猫が飼い主に捨てられ、秘密の政府の保健所に送られ殺される。
毎日何百匹もの猫が狭い折に詰め込まれ身動きさえ取れない。
それから猫達は動物愛護グループが「都市の端の死の収容所」として記述場所にトラックで運ばれる。

中国政府が行っているキャンペーンで猫は病気をもっているので通りから猫を取り除く様に命令している。
飼い主は猫が病気を持っているという警告に怖がって猫を道に捨て、特殊チームがそれを集めにくる。
被害妄想狂はとても強く、妊娠中の2 匹の雌猫を含む6 匹の野良猫が、子供に病気が移るかもしれないと思った幼稚園の先生によって殴られて殺された。

中国の政治家は動物が都市において深刻な健康をそこなうリスクを引き起こし、SARS の様な事態を招くかもしれないと確信している。
しかし、猫の取り締まりは、オリンピックの間首都が綺麗で、緑があり、歓迎的である様に見えることを保障する為、共産主義のリーダーが取るいくつかの極端な手段である。

オリンピックの間は街の中やそばの公害を起こす工場は他の場所に移動するか閉める事を命令され、車は週に3 回しか運転する事が許されない。
その間、タクシーの運転手は乗客に英語で礼儀正しく挨拶する方法のレッスンを受けさせられ、北京の悪名高き市民に外国人が良い印象をもつために微笑む方法を教えるキャンペーンを推進した。

1 年前に中国政府が全国各地のの犬を殺して避難を受けた様に、北京の推定する500 ,0 00 匹の猫を殺す事は国際的な非難を誘発する事は間違いない。

中国の動物愛護グループは既に講義しているが、政府からの処罰を恐れている。
役人は都市の周りにある12の保健所から猫を貰い受ける事ができると言っているが、動物愛護グループは保健所の中に入る事は無理で殆どの猫が死ぬだろうといっている。
猫愛護のグループは北京の北のSh ah e という街の保健所から30 匹のペットを開放するように交渉したが、猫達は哀れな状態で、解放後、数日の内に半分が死んでしまった。

猫達は死ぬ様に放置される。非人道的であると猫の愛護グループの代表ヤンさんは言った。

人々は北京に猫を置いておきたくないので捨てたり、保健所送りにする。
中に入ると小さな2 つの部屋に70 匹位の猫が檻に入れられ、檻が積み重ねられていた。
病気はすばやく感染し、猫はゆっくり苦しみながら死ぬ。中国政府は、病気の猫をせめて安楽死させるという方法を取る事さえしない。死ぬのを待っているだけだ。
最も苦しんで、直ぐに死ぬのは捨てられたペット達である。飼い主を頼りきっているので新しい環境に対応できないのである。
殆どが餌を食べたり水を飲んだりしなくなり、野良猫よりも早く死んでしまう。

ヤンさんのグループは保健所の出入りを禁止された。
「多分全部の猫が死んでしまうでしょう。」
「(第二次世界大戦中のナチスの)死の収容所の様である。」
飼い主がペットを捨てたほかの理由は、去勢するのに200元かかることですとヤンさんは言う。
「ペットを保健所に収容するのをやめる様に、去勢費用を下げる様に政府に交渉しましたが、聞き入れられませんでした。」

政府は猫の事なんて少しも考えてくれていない。何でもいいから早く猫を街から追い出す方法を取っている。

退職したお医者さんのユアンさん(80)は北京で古くから伝わるエリアで捨てられたペットを保護している。
小さな家に250 匹もの捨てられたペットと住んでいる。7 0 匹以上は過去1 年間で受け入れたのである。

「去勢と餌を年金と寄付でまかなっている。私が保護しなければ、政府が殺してしまうでしょう。人々は政府が言う事を鵜呑みにするため、ペットを捨ててしまうのです。」

彼女は問題は前大統領、江澤民が行った取締りに辿ることができると言った。

「大統領は犬が嫌いだったから殺す事にした。そうしたら外国のメディアから非難を浴び、やめさせられた。
もう犬を殺すのはやめたが、新しい被害者は猫だ。すべてオリンピックにかかわっている。」

政府のキャンペーンを恐れた人によって猫たちは夜彼女の家の前に捨てられる。
現在、非情に悪い状態である。女性が妊娠したら、医者が家に猫がいるか聞いて、もし猫を飼っていたら、赤ちゃんに悪いので猫を捨てろと言う。

「猫は全部家の中にいる。夜ベッドルームに100 匹以上寝ているが、外に出したら直ぐに連れていかれて、殺されてしまうだろう。」

「政府は本当の事を言っていない。私は猫を毎日一緒にいるが、とっても元気だ。」

取り締まりは、オリンピックの開催地の周りや外国人が泊まるだろう5 星ホテルのそばの路地や道で特に厳しい。
健康に害するという警告にもかかわらず、猫の取り締まりは猫肉を出すレストランの数が増えたことにつながった。

何百匹もの猫が、蛇や虎を食べたり、ゲテモノ食いで有名な広東州に送られた。
去年の7 月に役人が北京オリンピック前の一掃の一部として猫を収容する様に知らされた。今では猫を渡すように掲示されている。
数ヶ月で何百匹も何千引き物猫が連れて行かれた。
この新聞社も日曜日に保健所に出向いたが入場を拒否された。
公式な許可書なしに入る事はできませんと鉄の門の後ろから言われた。
他の収容所では猫が泣き叫ぶのが小屋から聞こえるのに、猫はいないとそこで働く人は言う。

「猫はいないよ。あっちにいきな。許可書なしには入れないよ」と警備員は言った。
北京の煙草製造工場の幼稚園での6 匹の猫の殺害がこの街をあげての猫の恐れの最も顕著な実例である。

「子供を守る為にやった。子供を襲うかもしれない。6 匹は幼稚園で餌を探していた。」と保育士は言う。

「だから男性の保育士が檻にツナ缶をいれて、おとりにして、棒で殴り殺した。」

「子供達が猫をなぜようとして、引っかかれたり、病気が移るかもしれない。猫を追い出すたった一つの方法だった。」

これは深刻な事態です。政府はオリンピックで北京が良い街な所をみせたいのはわかります。
しかし非常に非人道的な方法で猫を捕獲し、取扱って、北京やオリンピックのイメージを余計悪くしている。


中国との関係をを悪くしたくないと言う政治的理由から、このニュースが報道されていない国が多いです。
もともとの新聞の記事です(英語)。
リンク:デイリーメール紙/Olympics clean-up Chinese style: Inside Beijings shocking death camp for cats

人間のくさいものにはふたをしろ根性。
オリンピックのたびに起こるこんな事。
いかに中国でも多くの声が上がればやめざるを得ないでしょう。
多くの方の署名をお願い致します。



2006年に中国当局は「狂犬病撲滅」と大義名分を抱えて、犬たちを大量虐殺した過去もあります。
その時の経緯はこちら。元記事は掲載期間が切れているので、私のもうひとつのブログにgooのニュースを引用してあります。)
今度は平和の祭典というオリンピックのために、なんの罪もない猫たちが殺されています。
ニンゲンの知識のなさも然りですが、まずは、ありもしない伝染病が起こるとして、飼育放棄・遺棄を扇動していることに問題があります。

この動きを止めなければならないと思います。

ご賛同くださる方は、下記のサイトにて署名をお願いします。
(署名についての注意は赤字で書いておきます)

署名サイト:care2.com/Stop the Beijing Olympics Cat Massacre

【署名方法】
1. sign petision(左上の入力欄から)
 ・敬称(Mr/Ms/Mrs)
 ・名前/苗字(非公開可)
 ・e-mail(非公開)
 ・Street address(番地・町・区の順番に入力しますが細かく書く必要はないかもしれません:非公開)
 ・City(市・非公開)State(州)が表示されることもありますが必要ないです。
 ・Zip code(郵便番号・非公開)
 ・Country(国名・公開されます)
 ・Countryの右横に「Don't display my name」とありますので、名前を非公開にしたい方はここにチェック。
 ・コメント欄

その下の、
I agree to Care2's terms of service. We respect your privacy.
という文章は、この署名サイトの「Care2.com」の利用規約に同意するかのものですが、何ら義務は発生しないのでチェックしてください。
Your email address is used to confirm your signature and is NOT displayed publicly.
電子メールアドレスは、署名確認用のものであり、非公開です
と書かれています。

2. Preview
ここで、公開される入力内容が表示されます。
なお、その下の、
Care2 Animal Welfare Alerts Join us in protecting animals across the world! Sign up now to receive alerts about how you can help save animals from unjust abuses.
にという文章のチェックボックスにチェックを入れたままにすると、この動物・環境保護サイトに登録されてしまうので、必要ない方はチェックを外してください。
  ↓
  ↓
入力内容がOKであれば、「Sign」ボタンを押してください。

3. Share
「Success depends on you」という文章が出ますが、5人までこの署名サイトをメールで知らせることができます・・・が、要らなければグレーの「No thank you」ボタンを押して進んでください。

4. Thank you!
「Thank you for signing "Stop the Beijing Olympics Cat Massacre"」という文章が見えたら、署名完了です。

数分後に確認のメールが送られてきます。
(Care2.comに登録した方は、サインアップ用のメールが別途、先に送られてきます)
内容は、
 ・あなたが目標の2000人のうち、何番目に署名しているか
 ・サインを取り消す・もしくはサインした覚えがない場合の連絡先
 ・友人への紹介メール作成サイト
 ・今回の件を含めた非営利の署名活動のアップデートを掲載したページのリンク
が書かれています。
このメールに、特にレスポンスは必要ありません。

参考までに、「care2.com」は、日本ではクリック募金などで知られているようです。

【2008.4.8追記】
日本語署名サイトはこちら。
オンライン署名サイト
北京の猫大虐殺に反対署名をお願いします
http://www.shomei.tv/project-10.html


どうぞ、どうぞ、よろしくお願いします。
ままむんば


【引用サイト様】それぞれクリックするとジャンプします。
動物愛護推進ネットワーク・みなと:人と猫の共生を図る対策会議
http://homepage2.nifty.com/hitotoneko/index.html


イギリス・デイリーメール紙(元記事)
http://www.dailymail.co.uk/pages/live/articles/news/
worldnews.html?in_article_id=528694&in_page_id=1811


署名サイト:care2.com/Stop the Beijing Olympics Cat Massacre
http://www.thepetitionsite.com/1/stop-the-beijing-olympics-cat-massacre


掲載期間 : オリンピック最終日2008年8月24日まで
[PR]
トラックバックURL : http://fromlyon.exblog.jp/tb/7809164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from チサ カフェ at 2008-04-09 11:27
タイトル : 署名をよろしくお願い致します。
北京五輪に向けて中国当局が猫を大量虐殺中 From Lyon to " Sion "さんで紹介されていました。 とっても詳しく丁寧に書かれてあります。 もうすぐ北京オリンピックが始まりますが それに向けて、中国が街の猫達(飼い猫も)を一掃しようと動いているそうです。 理由は”猫(動物)が都市において深刻な健康をそこなうリスクを引き起こし、SARS の様な事態を招くかも”だからだそうですが・・・ 確かに、人にうつる病気もあるけど、トイレ掃除後の手洗いや 口移し等の直接な接触...... more
Commented by 竜田姫 at 2008-04-08 00:22 x
初めまして、最近こちらに来させていただいています竜田姫と申します。

病気や障害のあるコに手を差し伸べている優しいままむんばさんのような優しい方もいらっしゃるのに、今回の身勝手な人間が起こした酷い事件にめまいがするような怒りを感じます。
日本も大概、動物愛護後進国だと思っていましたが中国はさらに上を行っている…。
私のコ達と同じ姿のコらが無残に殺されていくのを一刻も早く食い止めなければ。
微力ながら署名してきました。
早く…一匹でも多くのコが救われますように。
Commented by myamo32 at 2008-04-08 02:35
こんばんは。
昨晩、日本語のオンライン署名サイトのほうに署名したのですが
(http://www.shomei.tv/project-10.html)
こちらにも署名してこようと思います。
わかりやすい説明で助かりました。ありがとうございます。
Commented by 桃ふくろう at 2008-04-08 22:37 x
またもや、呆れる腹立たしいニュースですね。
ブログでご紹介させていただきました。
署名の仕方も、大変わかりやすく説明してくださって、ありがとうございます。
少しでも多くの人の声を届けたいですね。

何だかな~・・・原始的であまりに単純、極端な考えですね。
本当にオリンピックが開催できるほどの、国際レベルに達しているんでしょうか。
犬殺害の時も、国内外から多くの批判が集まったはずですが、何一つ進歩してないんですね。
Commented by lyon-sion at 2008-04-08 22:37
myamoさん、
ご署名ありがとうございました!
日本語サイトも拝見しました。お教え下さってありがとうございます。
追記させていただきます。
Commented by lyon-sion at 2008-04-08 23:29
竜田姫さん初めまして、リオンと局長のブログにお越しくださいましてありがとうございました。
また、早速の署名、本当にありがとうございます。心からお礼を申し上げます。
排除することで、解決を目指すというのは、昔から日本を含めて行われてきたことですが、それでは何も実は解決になっていないというのが事実としてあるはずです。
オリンピックは、開催後、確実な経済成長があるのでしょうが、人間だけがよくなればそれでいいという考え方はないと思うのです。
飼主たちも育てていて、正しい知識も調べず持たず、行政の言うがままに手渡してしまうのは、情けないを通り越して憤りを感じます。
私も署名しかできませんが、なんとか一刻も早くこんなバカなことが終わるよう、少しでも知ってもらえる努力をしたいと思います。
Commented by lyon-sion at 2008-04-08 23:39
桃ふくろうさん、署名&転載、ありがとうございます!

ありえない、その一言しかないですよね。
チベットの件もそうですが、殺してしまえば治まるという極論は通用しないということがまだわからないのがすごいです。
この前、用事でアキバに行きましたが、中国人の多さと言ったら・・・カメラを首から下げて大荷物でした。
この人たちにはチベットも何も関係ないことなのかなと、思わずにはいられませんでした。
250匹を保護しているヤンさん、もっと支援を受けられればいいんですが。
中国といえど、ヤンさんのような保護している方がいるという光明はあっても、つぶされてしまわないか、それが心配ですね。
Commented by みい at 2008-04-09 04:07 x
もう、むちゃくちゃです! コスタリカの件といい、今回の件、あまりにも酷い事件が多すぎます。
自分達さえ 良ければいいのでしょうか。
弱い者を犠牲にしてまでの 幸せなんて許せないです。

早速 署名します。
こんなことしか できない自分の力の無さ 悔しいです。
Commented by tasuketemyako915 at 2008-04-09 10:11
こんにちは、はなぽちです!
日本語バージョンの方に署名させて頂きました。
英語版はちょっと不安なので家に帰ってからゆっくり読んで署名しようと思います。(仕事場から失礼してます!)
いったいなんなんですかね、この国…
といっても、日本でも保健所なんかでは似たようなことがされているんですよね・・・
ウチのクロも捨て猫で、そのとき警察が呼ばれて
保健所行き寸前だったので、この記事も他国事だとは思えませんでした。
お教え下さってありがとうございました!!
トラバも貼らして頂きます!
Commented by lyon-sion at 2008-04-09 23:43
みいさん
どうしてこういう発想になってしまうのかが、もう理解できないですよね。
日本にもこういう酷い歴史があるのですが、これだけ情報があふれている時代に、数十年前と同じことが起こっていることに疑問を感じます。
情報遮断ゆえの、飼主たちの無知もあるのでしょうが、それでも、一緒に暮らしている猫たちのかわいさと温かさをもっと感じ取ってくれたのなら、安易に政府当局へ渡すことも少なかったのではないかと想像しています。
守れるのは飼い主だけ、飼主たちにはそれを後悔してほしいと思います。
署名、本当にありがとうございました。
心からお礼を申し上げます!
Commented by lyon-sion at 2008-04-10 00:03
はなぽちさん、
署名&転載、本当にありがとうございます!
中国当局は、絶対に情報が国外に漏れていかないとでも思ってるんでしょうかね?
狂犬病の大量殺処分だって、あれ程の講義があったはずなのに、まだわからないのが不思議でなりません。

話し合いで解決できないのなら、抗議と言う手段があるのだと、今回の件で本当によく分りました。
署名だけでも、手を差し伸べる手段になり得るはずと思って、少しでも知らせていく手伝いをしたいと思います。
日本国内でも堪らない出来事が多いですね。
でも、クロさんははなぽちさんが、守ってくれたんですよね^^
そういうお話、聞いてるこちらがうれしくなってしまいます。
Commented by らいあん at 2008-04-13 15:42 x
はじめまして。
解りやすい署名の仕方と事件の訳がまとめられていて大変助かりました!
手前のブログにもリンクを貼らせていただきます。
ありがとうございました!
Commented by morinohitoh at 2008-04-13 19:42
勝手に自分のブログでlyonさんのブログをのせてしまいました。
少しでも多くの人に見てほしくて・・・
署名が多く集まると良いですね。
おゆるしもなくすみません。
Commented by lyon-sion at 2008-04-14 00:52
らいあんさん
初めまして、お越しくださいましてありがとうございます。
ご自身のブログでご紹介くださったとのこと、本当にありがとうございます!

都合が悪くなれば、徹底的な排除論を持って対する中国政府のやり方は間違っているのだと、少しでもこういう声が伝わることを願っています。
Commented by lyon-sion at 2008-04-14 00:56
はるさん、
いえ、ご紹介くださったとのこと、本当にありがとうございます!

日本のマス・メディアでは取り上げないこのこと、少しでも多くの人に伝わって、早く終わりになってくれるよう心から願っています。
Commented by cafe_candle at 2008-04-14 16:53
始めまして、はるさんの所からお邪魔しました。
猫も動物すべてと人間が共存できる幸せな世界になるといいですね。
Commented by lyon-sion at 2008-04-15 00:40
cafe_candleさん
初めまして。リオンと局長のブログにお越しくださいましてありがとうございます。
動物から得られるものの大きさを、早く気付いてくれることを心から期待しています。
Commented by ぶたねこ at 2008-04-20 07:17 x
で、出遅れました・・・
お久しぶりです。しばらくネット環境に無かったもので・・・
署名、してきましたよ。呆れた話ですよね。ため息しか出ません。
先進国の仲間入りを望んでいる国のすることか・・・と。
国内に対する情報操作はできたとしても、国外への規制はできないのだということを、いい加減に学ぶべきではないのかしらん?
かの国に対しては腹が立つことばかりなのですが、頭から湯気を出して怒り狂ってばかりいても何の解決にもならないのですよね。
ここはひとつ、冷静に10000人の署名を集めたいところですね。
スポーツ観戦、大好きなんですが、今年のオリンピックは観るのをやめようかと、真剣に悩んでいます。
参加する選手に罪は無いんだけど・・・
Commented by goboutenudon at 2008-04-20 11:51
はじめまして、フクトラ日記の管理人でごぼう天うどんと申します。
Lyonさんのブログ読ませていただき、心が痛みますね。
家族であった猫たちが、簡単に捨てられて、政府の方針で人体に影響を及ぼすだなんて。
マスコミも成果リレーで云々カンヌン言っているより、この件を大々的に取り上げて欲しいものです。
是非、猫虐殺の件を私のブログでも紹介してもよろしいでしょうか。
微力ながらも、本事件を一人でも多くの血の通った人たちに知らせたいと考えています。
Commented by lyon-sion at 2008-04-21 00:33
ぶたねこさん、
署名、本当にありがとうございます!!!
なんでこういう発想になっちゃうんですかね?
なんで、昨日まで可愛がってたネコさんを、なにも調べずあっさりと手放せるのかわかりませんよね。
とりあえずメディアが取り上げてくれないことには、何のプレッシャーにもならないのですが、進捗は決して順調ではなさそうです。

私もとりあえずサッカーとか野球は押えておきたいんですが、その華やかな大会の裏の悲劇はいやでも思い出すでしょうし、例えばいい試合を見ることが出来てもひねくれて「だから?」とか思いそうです。

ブログなので、あんまり感情的なことをこれ以上は書けないんですが、中国と言う国がこんなことばっかりやってると「そういう国」の固定観念が揺るぎないものになっちゃうのを危惧してほしいです。。。って、もうなってそうな気もしますが。。。
Commented by lyon-sion at 2008-04-21 00:37
ごぼう天うどんさん
初めまして、リオンと局長のブログにお越しくださいましてありがとうございます。

ご紹介のお申し出、本当にありがとうございます。
メディアが取り上げてくれない以上、個人でブログを書いてらっしゃる方が頼りです。

使えそうな文章がありましたら、このエントリーのどこでも転載してください。
どうぞどうぞ、よろしく願いします!
Commented by ナルタン at 2008-04-26 00:07 x
はじめまして。局長さんの食事のことですが、ご飯にゴートミルクをまぜてみたらいかがですか?我が家の犬も腎不全で適正体重の半分に痩せてしまい立つこともままならなかったのが、ゴートミルクのおかげで見違えるほど元気になりました。
中国の問題ですが、犬だって食べる国だから我々とは価値観が違うのでしょうね!
時間がある時に署名しますね。
それではm(_ _)m
Commented by lyon-sion at 2008-04-27 00:03
ナルタンさん、
初めまして、リオンと局長のブログにお越しくださいましてありがとうございます。

>ゴートミルク

ネコさんでも飲めるミルクですよね。
サプリメントは何種類か飲ませているのですが、メインはは病院で薦められたラクトフェリンとグロブリン配合の粉末を使っています。
やぎミルクと、ラクトフェリン含有という点で似てるかも知れないですね。
ワンちゃん、快方に向かわれたとのこと、おめでとうございます^^

ご署名下さるとのこと、ありがとうございます。
どうぞよろしくお願いします。
Commented by とらきち at 2008-05-11 19:55 x
こんばんは。
私も署名させていただきました。猫達のためにこれくらいしかできることがないのは悲しいです。こうしている間にも、たくさんの猫達が怖い思いをしながら殺されているのですよね。。。

中国がこの間違った行為について一日も早く改めてくれることを強く望んでいます。
週刊新潮以外でも、どんどん取り上げて、もっとたくさんの人に知ってもらえればいいのに・・・。
Commented by lyon-sion at 2008-05-11 22:15
とらきちさん、こんばんは。
ご署名、本当にありがとうございます!

今回の中国首席来日の際の福田首相の顔にはがっくりしました。
そんな崩した笑顔でどうするんだ・・・という感じです。
国内世論を感じてないわけではないのでしょうが、何も変わらないのだなと。

メディア規制はすごいですね。
TVには期待できませんが、なんとか数誌に掲載されて欲しいです。
Commented by offspringx at 2008-07-11 01:34
はじめまして。罪のない動物が殺されるのはおかしいですね。
中国には大きなチャンスなのに、結果として失うものの方が多い
オリンピックになるような気がします。

署名させていただきました。(# 7,055)


Commented by lyon-sion at 2008-07-14 00:06
offspringxさん、
初めまして、お越しくださいましてありがとうございます。

北京オリンピック開催期間中は、国内(?)で犬肉料理が中止されるそうです。
前回のW杯の際、韓国で出された犬肉料理に世界から批判が集まったことを懸念してのことだそうです。
世界の目に触れないところで起こる悲劇を、少しでも減らすために出来ることは、こういった地道なものしかありませんが、殺すばかりが手段でないことを理解してほしいです。

ご署名、本当にありがとうございました。
心からお礼を申し上げます。
by lyon-sion | 2008-08-24 23:59 | ネコさんのこと | Trackback(1) | Comments(26)