元・野良ちゃんで肢を無くしたリオンとFIPでも元気に頑張ってる局長の日々。


by lyon-sion
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:本( 3 )

買えなかった本

多摩川猫物語 それでも猫は生きていく

小西 修 / 角川書店(角川グループパブリッシング)



あ、知ってるお名前・・・と思って手にとってパラパラめくっていたら
やっぱりぶわっときた。
本屋で泣いたの、初めてだった。

鼻水をすするくらい泣けてきたので、レジに行けず買えなかった。
明日、もう中身を見ないまま持ってレジに行こう。


私は東海道線で通勤しているので、毎朝多摩川河川敷を見ながら通勤している。
電車が鉄橋に差し掛かるころには、結構なスピードが出ている。
それでも、遠目に猫さんを見かける。

じーちゃんも河川敷らしきところでぶっ倒れてるところを保護されたんだった。
だから、じーちゃんが死んでしまった後は、東海道線が川崎駅を出て鉄橋を渡る音が消えるまで
目をつぶって過ごしてた。

でも、3月になって暖かい朝が来るようになって
目を開けてもこみ上げるものが少し和らいでたのだけど
やっぱりそれは遠目で見た景色だったんだな。


ちょっと切ない、を通り越して、泣くしかできない写真が多いけれど
やっぱりこれが現実なのだと思い知らされる。

やっぱり「こういう人」が、自分の行き場のない感情を、小さな生き物にぶつけるのかと
「ああ、やっぱり」と、頷いてしまったのだが
それは私の身近な人間に、そういう考えを持った人がいたからなおさらそう思った。
その身近な人物は、数年前に亡くなったけれど
自分自身の中で、ひたすら憎悪を育ててしまい、その捌け口が弱いものへ向けられる様は
当時、「弱い立場」だった幼かった私から見ても、情けなく、哀れでしかなかった。

憎悪を大きくした人間は、歯を食いしばりながら
弱いものを殴る。ひたすら殴る。
その手に、その拳に、その足に感じた、弱いものの皮膚や肉の感触はどんなものだっただろう。

そのとき、弱いものは殴られていながら、痛みはない。
痛さを通り越す殴打がある。
痛みは殴られ終わって、紫色の塊とともに数分後にやってくる。

憎悪を大きく育てた人間は、その憎悪を自分の中に産み落としたときに
その痛みを知っているはずだ。

だけど、その痛みを知って、相手への憎悪を育て続ける人間と
痛みを知ったから、それから必死に逃れて、憎悪以上に何も産み出さないのであれば
別の生き方を探していくことを望む人間とがいる。

願わくば、悲しいことがあったとしても
弱いものを殺めることにつなげる生き方を選択しないことが、悲しみが半減するのだと気づけ。

いや気づけないまま死んで行くのか。
気づけないなら、その生き方を笑ってやる。
[PR]
by lyon-sion | 2013-04-02 00:00 |
イラストでみる猫の病気
/ 講談社





やっと買いました。

うちがお世話になってる獣医師が、私にみせて説明してくれる本のうちの1冊です。

全ページが、各種疾患の図解なのでわかりやすいです。

これで、いろいろ説明を受けて必死にメモを取らなくてもいい~。

見せてくれたページ数と、後は要所だけメモってくればOK(笑)

話をメモしながら、骨格なんかを自分で図に書いて写し取ってくるのは厳しいです。
メモに精いっぱいで、説明してもらった内容に質問をするのを忘れてしまうんじゃ、本末転倒になっちゃいますよね^^;

だから、後でブログに記録を書いていても、「あー、これもっと聞いときゃよかった;;」なんていうのが多かったもので、この本があれば少しはそれがなくなるかも?

とりあえず、うちに帰ってからのおさらいが楽ちんです。

しかし・・・獣医学に限らず医学書は高いですね。
だけど、必要な文献を取り寄せして5ページ2,500円程度と言うのを考えると
1冊数千円というのはお得な感じが・・・

いや、そういう感じがするだけだな、きっと(笑)
[PR]
by lyon-sion | 2008-03-10 21:22 | | Trackback | Comments(0)
リオンをお迎えすると決めて、とりあえずネコさんの育て方や健康に関する本を
usedで買い漁ってから半年。

久々に本を買いました。


獣医からもらった薬がわかる本
/ 世界文化社





アフィリエイトではないので、お気軽に踏んでください^^

そのものズバリ、薬の処方目的・副作用・ネコさん(ワンちゃんにも)に投与するときの注意・製薬会社の製品名などが載ってます。

病院によってまちまちだと思うのですが、薬をもらうときに
効能・効果や注意事項が書かれた紙をもらうことがあると思いますが
あれの詳細版のような感じです。

例えば、局長が飲んでいる 「グルタチオン」 なら

==========================
効能・効果 : 強肝作用があり解毒作用もあるお薬です。
==========================

なんて書かれているのですが、この本で調べると
その成分の効能が有る疾患がもっと広く詳しく掲載されています。

また、薬の成分名がそのまま製品名としているのなら
調べるときに分りやすくていいのですが、
製薬会社独自のの製品名となると、わかりにくいこともあったりします。

で、これを見ると、「グルタチオン」 であれば

グルタイド(田辺製薬)
グルタチオン(東洋ファルマー)
タチオン(アステラス製薬)
ランデールチオンS(鶴原製薬)

と、製薬会社各社の製品名が書かれています。

カプセルや錠剤のパッケージに製品名が書かれていなくても
薬本体などに必ず識別コードというものが刻印されているので
そのコードからもメインの成分が調べられます。

これは調べていくうちに分ったのですが
FIPというと、治療法も何も確立されていないということで
ステロイドやインターフェロン使用に至るまでに
トライアル的に処方される薬も結構あることを知りました。

もちろん、その薬の効能については、動物病院で説明を受けると思いますが
本来、何の疾患に使われているのかが分ると
獣医師の治療方針なども見えてくるのではないでしょうか。

ネコさんを心配する飼主さん自身の安心のために、
手元に置いておくにはいい本だと思いました。
ちなみに、約350ページの分厚い本で、1800円です。


※必ず製造販売されている全ての薬が掲載されているわけではありません。
わが家の場合だと、涙管圧迫緩和の点眼薬製品名が載っていませんでした。
特に、複合成分で構成されている薬だと載っていないものもあるようです。
ただ、それぞれの成分からは調べられるので、おおよその効能を見ることは出来ます。



【局長体調メモ20070524】

食欲アリ、元気アリ、お腹の張りナシ、嘔吐ナシ。

しっこのみ。

投薬時間を食後1時間後の22:00に早めた。

服薬後、少しぐったりしたけれど、その後リオンと走り回る。
このほうがよさそう。
[PR]
by lyon-sion | 2007-05-25 00:50 | | Trackback | Comments(0)