元・野良ちゃんで肢を無くしたリオンとFIPでも元気に頑張ってる局長の日々。


by lyon-sion
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:局長の日々( 116 )

鎮魂歌

―帰っていらっしゃるな。そうしてもしお前に我慢ができたら

死者たちの間に死んでお出で。

死者にもたんと仕事はある。

けれども私に助力はしておくれ。

お前の気を散らさない程度で、

しばしば遠くのものが私に助力をしてくれるように―――私の裡(うち)で。


                             
                             ライナー・マリア・リルケ「鎮魂歌」
                             堀辰雄・訳「風立ちぬ・死のかげの谷」より
[PR]
by lyon-sion | 2013-08-18 22:59 | 局長の日々

1年は早い

あっという間だった。
[PR]
by lyon-sion | 2013-07-25 00:08 | 局長の日々

じーちゃん

じーちゃんの体が無くなって8ヶ月が過ぎた。

未だに遺影と遺骨に声をかけてるけど、なんにもない。

普通、たまに目の錯覚とか疲れて幻影とか見ちゃうもんじゃないのか。

本当に、なんにもねー。

なんでかわからないけど、平助が遺骨のある場所によく興味を示す。

単にじーちゃんが入ってる戸棚の上に登りたいだけなのかもしれないけど。

未だにじーちゃんが死んだこと、急に理解できなくなるときがある。
あれ、なんで横にいないの?って思う。

じーちゃん、平助が来て、みんな仲良く過ごしてるよ。
信じられないほど、リオンと慈と幸の面倒見てくれてるよ。

じーちゃんがいた時みたいに、安心してお留守番おねがいして仕事に行ってるよ。

でもさ、やっぱ急にさびしくなるよ。
なんでじーちゃん、いないの。
[PR]
by lyon-sion | 2013-04-02 00:57 | 局長の日々
最初の鍵コメさん、ひぃさん、けいこさん、2番目の鍵コメさん、さるおさん

ご無沙汰しております
局長へのとっても暖かい言葉、本当にありがとうございます
じーちゃんに伝えました

じーちゃん、FIPで逝かせることにならず、よかったと思っています
老衰という獣医師の言葉は、図らずも私への労いになってしまいました

でも、何か月でも何年でも、介護するつもりでいたのですが、叶いませんでした
今まで外のくらしの猫さんをお世話していて、いつも思っていたのは「しんだらおしまい、生きて何ぼ。だから精一杯お世話する」そう思ってきました
なのに、今は後悔でいっぱいです
もっと長生きさせてあげられなかったのは、どうしてなのか

FIPの診断を受けて、さんざん、長くはないと言われ
なんでもいいから獣医師の言葉の端に、未来を感じることができないか、いつも探していました
だから、寿命と言われ、そこがゴールになりました
うちにお迎えした時点で10歳と言われていました
毎日の排泄のお世話は大掃除並みでした
そんなことを毎日繰り返して、体力が持たなくなって、会社を遅刻したこともあります
だから、私ができることはすべてやりました
だけど、じーちゃんの寿命は待っててくれませんでした

もっとお世話させてくれて大丈夫なんだよ
じーちゃんがいれば、がんばれるんだからなって
いつもじーちゃんに言ってました
だから、大した介護もさせてくれず、逝かせてしまったのかもしれません

泣いたって戻ってこない、だから残された子たちとこれからも生きていこうと
それは十分わかっているし、それが今の暮らしです

だけど、私は、じーちゃんに助けられて生きてきました
どんなつらいことがあっても、いつも支えてくれました
いつも眠りに落ちるまで、そばにいてくれました

火葬に立ち会ってくれた元相方にも言ったけれど、本当に40年生きてきて
火葬の時にじーちゃんをこの腕から手放した時が、一番悲しかったです

思い出がありすぎて、なにを書けばいいのかもまとまらず
結局、私の胸にしまっておくことにしました

じーちゃん、私の横に寝て、私が眠っている間に逝きました
起きて目が開いていたので、シーツにおしっこしていて、お風呂に連れて行くまで
死んだことに気付かなかったくらいでした

リオンも悲しむだろうと亡くなって思いましたが、振り返ってみれば
亡くなる前夜、じーちゃんを布団に寝かせてから、お風呂に入ってあがってきた私に
しきりに鳴いて何かを訴えていました
じーちゃんのことだろうなと思い、布団に行ってみたら、ちゃんと息がありました
大丈夫だよ、リオンと声をかけましたが、しばらく何かを言っていました
もうお別れなのだと、早く来いと言っていたのかなと、後になって思いました

だからなのか、火葬に連れて行くときに、リオン、慈、幸に
お別れなんだよ、じーちゃんの体にさよならするから、小さくなってしか帰ってこないよと声をかけましたが、じっと見ただけでした
きっと、あの時、お別れを済ませたんだと思います


リオンは、前にも増して、慈と幸の面倒を見てくれています
ついでに、私が淋しくて、ブツブツ言っていることも、たまに聞いてくれるようになりました
あれほど人間嫌いなのに、近くに来て、何か話してくれています
慈は、幸と遊びたいけど、拒絶されて私に甘えるようになりました
幸は、アクションの大きい慈の誘いに乗れず、威嚇するようになりました

じーちゃんが亡くなって、いろいろありましたが
なんか家の中のバランスが、少し崩れているのかもしれません
いや、そう思うのは私だけで、私だけが気持ちにぽっかり空いた穴を埋められてないだけかもしれません

でも、この先どんな風に生きて行っても、じーちゃんのことは
私の中の、特別、です
私の人生が変わるきっかけになったのがリオンだとすると、じーちゃんは一緒に幸せになる方法を教えてくれました
私が困らないように、教えてくれたんだと思います

いつか、じーちゃんと同じお墓へみんなと一緒に入ろうと思っています
仕事に出かけるとき、「待ってろな~」と声をかけて出掛けていました

今も、同じ言葉を掛けて出掛けます
いつかそっちへ行くから、待ってて
待たせてばっかりだけど、でも我慢して待っててくれるよう頼みました

火葬する前、いつも私の顔にくっつけてきていた、じーちゃんの胸のあたりの被毛を少しもらいました
代わりに、私の髪の毛を持たせました

もうなんでもいい、ちょっと何でも自分に都合のいいように思い込んでいる気もしなくもないのですが
ただただ、後悔と寂しさから逃れるには、こう思って生きています
まだまだ、長い猫生が待っている3匹のためにも、頑張っていかなきゃいけないんですが
やっぱり淋しいです

お礼のつもりが、ただ私の思いを連ねるだけになってしまい申し訳ありません

淋しさから、ちょっと、弔いの道を踏み外しそうにもなりましたが
それも縁がなく終わりました
じーちゃんのことは、もうじーちゃんのことで整理は出来ているというか、一生、この気持ちを抱えて生きるつもりです
じーちゃんのことはじーちゃんのことで、ずっとめそめそしてもいいことにしました
それとは別に、リオンたちと生きていくこと、どうしたらみんな幸せになれるか、ちゃんと考えて行こうと思っています
[PR]
by lyon-sion | 2012-09-17 22:29 | 局長の日々 | Trackback
f0114416_23484831.jpg


久々の局長でございます;;

7月の神奈川の悪天候続きの時くらいまでは、室温が28℃程度だったのですが
なぜかリビングのエアコンを嫌い、寝室の畳部屋で過ごしていました。

でも扇風機は点けて仕事に行けないので、窓から入る風が頼り・・・という状況。

さすがに午前中の直射日光が入ればエアコンの部屋に移動するかと思いきや
アルミサッシのレール部分に細長く体を横たえていました。(だったらひえひえアルミボード使えよー!)

が、それもこのお盆時期の猛暑しのぎにはならないと気づいた様で
今はエアコンが止まってると「点けろー!」と催促するようになりました。

これで熱中症の不安から開放!と思ったんですが、そうそう上手くいくはずもなく。

また下痢のお漏らし、再開です。

寝てるうちに出ちゃう感じです。

局長は私にべったりして寝るので、もう布団で寝るのは諦めました(笑)
畳にゴザマットも諦めました。
洗濯が追いつかない!(笑)

今は板の間のリビングでエアコン28℃設定の下、座椅子をフラットにして2つ並べ、一緒に寝てます。
これだと、悪臭(下痢)で気づいて起きても、ちゃっちゃと掃除できるし。
座椅子は合皮(PVC)なので、エタノールで拭き取ればOKだし。

1ヶ月くらい前は体調は良かったんですが、良いなら良いで、うんちが少し形を形成するんですよね。
そうなると、今度は腸壁が持たなくて裂けてしまい、出血が酷くなっていました。

それを考えれば、お漏らしでもなんでも、水様便が出てるほうが局長にとってはラクなのかなと。
実際、出血はなくなりました。

あとは食が落ちてるんで、いろいろ買ってきてはいるものの、空振り。
なので、乳糖カット牛乳を買ってきて出したんだけど、これも空振り。
ついでに他のネコ様にも出したけど空振り;;;;;
私、牛乳ダメなんですが、1L頑張って飲みます・・・(500mlが売ってなかったんだよねー)
[PR]
by lyon-sion | 2011-08-19 00:13 | 局長の日々 | Trackback | Comments(0)

ネコのフリ

局長の返事がピンポイントだ。

局長は明らかに私の話しかける言葉を理解している。
そう考えないとおかしいほど、返事の鳴き声が違う。

老ネコはしゃべるとどっかで読んだ記憶があるんだけど
なんかもう、局長はいつでもしゃべりだしそう。

そんなネコのフリしなくていいよ、局長。
普通にしゃべっちゃいなよ(笑)
[PR]
by lyon-sion | 2010-06-15 01:40 | 局長の日々 | Trackback | Comments(6)

じーちゃん、休戦中?

f0114416_8575174.jpg


じーちゃん、幸のまとわりつきに対抗していたものの、一時休戦か?

この写真の20秒前は、幸の背中に局長がアゴを乗せて寝ていた。





・・・惜しい。デジイチにSDカードが入ってなくて、慌てて入れたら間に合わなかった;;





f0114416_22581233.jpg

奈良県で避妊去勢を怠った為に約70匹に猫を増やしてしまいました。
ボランティアの方が保護できるのは3月までです。
(保護時期に関しての詳細はこちら
一時預かり様でもかまいません、ご協力いただける方はいらっしゃいませんでしょうか。
詳しくはバナーをクリックしてください。
どうぞどうぞ、宜しくお願いします。
[PR]
by lyon-sion | 2009-02-22 09:01 | 局長の日々 | Trackback | Comments(2)

局長体調メモ20090219

局長はうんちをすると、どうも嘔吐神経が刺激されるようで
必死に口の周りを舐めたり唾液を飲み込むような行動をする。

消化器官に炎症があるのだから、やむなしなんだけど
燕麦とかを飲み込んで出る嘔吐とはえらく様子が違う。
草を食べて吐くときは、「けっけっ」と吐くのだけど、
排泄時は全身を前後に大きくゆすって、胃腸が波打つ音をたて、何度も吐き出す。
これが物凄く体力を消耗させる。

今日は胃の中全部を吐き出した。
いつもなら、これでお腹が空いてごはんくれと言われるのだけど
今日はそれがない。
アカディ牛乳は少し飲んだけど。

明日の朝ごはんを食べた量で、もう少し体調が把握できるかも。
もしやっぱり元気が完全に戻らなかったら、局長の検査結果を聞きに動物病院に行く時
やっぱり局長も連れて行こう。




f0114416_22581233.jpg

奈良県で避妊去勢を怠った為に約70匹に猫を増やしてしまいました。
保護できるのは3月までです。
(保護時期に関しての詳細はこちら
一時預かり様でもかまいません、ご協力いただける方はいらっしゃいませんでしょうか。
詳しくはバナーをクリックしてください。
どうぞどうぞ、宜しくお願いします。
[PR]
by lyon-sion | 2009-02-20 00:19 | 局長の日々 | Trackback | Comments(2)

局長体調メモ20090113

f0114416_0234645.jpg

先週末、局長を抱っこして体重を計ってひやっとする。
合計体重から私の体重を引いたら、3kgしかなかった。
最後に動物病院でg単位で体重を計ってもらったときで3.42kgあった。

このところ排泄回数が増えているのだけど、それを補うように食べている。
それでも外に出て行っちゃうか。
元気はいつもどおりなので、春先、戻ればいいのだけど。

12月下旬に年内最後の検診・・・と思っていたのだけど
幸ともども体調はすこぶる良好だったので、寒空に出かけることも無いかと見送った。
でも、そろそろ行った方がいいかも。
[PR]
by lyon-sion | 2009-01-14 00:30 | 局長の日々 | Trackback | Comments(2)

本日も晴天なり

f0114416_2395197.jpg


f0114416_2310112.jpg

[PR]
by lyon-sion | 2009-01-04 23:10 | 局長の日々 | Trackback | Comments(6)