元・野良ちゃんで肢を無くしたリオンとFIPでも元気に頑張ってる局長の日々。


by lyon-sion
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

防衛

リオンにごはんを持っていくのも5日が過ぎた。

会社から帰って、リオンのもとに行けるのはやっぱり夜8時~10時頃。

車の通る道から脇にそれたこの道は、先がすぼまるように伸びていて
車の通り抜けができない。

だから、この道を通るのは、ほとんどこのあたりの住人に限られる。


そんな場所で、毎夜フェンス越しに手を伸ばし
ランチパックの容器を差し入れる私の姿を、訝しげに見る人も多かった。

ランチパックはクリーム色の容器本体に、透明のフタがついているもので
最初はクリーム色の容器に、フードを入れてあげていた。

4日目の夜に、リオンが少し食べ残しをしたので、
いつもなら容器を回収して帰るところをその日は置いて帰る事にした。
でも、夜目にでも浮かび上がるクリーム色の容器は
誰が見ても野良猫にエサをあげているのがはっきりわかった。

事故か虐待かはわからないけれど
いずれにしろ、人間に傷つけられたのは確かなようだから
クリーム色の容器を置いておくなどとは
倉庫下にネコがいることを知らしめるようなものだった。

なるべく食べ終わるまでは、そばにいて見守り
容器は必ず持ち帰るようにすることにした。

だけど、ネコは食べものの確保ができたとなると
安心して休憩したり、後でゆっくり食べようと取って置いたりもするようだから
何がなんでも持ち帰るわけにも行かないということも起こりえる。

要は暗がりで目立たなければいい。

クリーム色の容器は、料理するときにでも使うとして
リオンのフードと水は、透明のフタ(深さ1.5cm程度)にそれぞれいれておくことにした。

夜でも目立たないし、翌晩回収するまで
通りかかった人にも気付かれにくいはず。



ランチパックは容器と透明のフタ3個セットで売っていたので
1回ごはんをあげる度に、フタだけ2個使う。

いつかスーパーの人に見つかったとき、少しばかりでも心証が良くなるように
ランチパックとフードは、そのスーパーで買ったものしかあげなかった。
バカな考えかもしれないが、
野良猫にこそこそやってても、それでも私はフードとランチパックを買う「客」という
最後の砦みたいなものがほしかった。

だから、ホームセンターで50個入りくらいのを買っておこうかとも考えたけれど
結局、2日に1回、割高でもスーパーでランチパックを買っていた。

それでも。
やっぱり毎日通えば、通りすがる人の中で
何回か顔を合わせてしまう人も出てきてしまった。

リオンにごはんをあげ、そばにいるときはまだいい。
でも、あまり食べてるのをじっと見ているのも、リオンにはストレスになるかと思って
5mくらい離れた所で待っているほうが、一見怪しまれてしまう。


覚悟を決め、スーパーの店長に打ち明け
近日中に保護するから、今はごはんをスーパーの敷地内にいるネコに
あげることの許可を求めてみようと思った。

交渉ごとというのは緊張するものだが
失敗はできない。
だって、リオンは、今すぐ私に抱き上げさせてくれないから。
これが出来れば、こんな交渉はしなくてもいいのだが
警戒心が強い今は、それは無理と言うものだった。

ランチパックを買う心境と同じく
「客である」というStanceだけは守りたい小心者の私だったが
それでも精一杯にこやかに謙虚に、
そして今購入した晩御飯の食材の入ったスーパーのビニール袋を
両手でしっかり持ちながら、従業員の男性に声をかけた。

「店長さん、いらっしゃいませんか?」

あいにく、店長は帰宅後だったので
マネージャーという肩書きの方が対応してくれることになった。

マネージャーは抜かりなく、私の手に持っているスーパーのマークの入った
ビニール袋に目を遣り、低姿勢で対応をしてくれる。

私もこれ以上は、このスーパーとなんの関わりがあるわけでなし
買い物客であるという立場というものを、この交渉事が始まった時点で
使い果たしてしまったので、後は誠意で押し通すしかなくなっていた。

そして、
野良であろう白いネコがスーパーの敷地内の倉庫下にいること
その子は肢を無くしていて行動範囲が狭いこと
近日中に引き取りたいが、野良であるゆえ警戒心が強いから今すぐ連れ帰れない
などと言うことを説明した。
そして、警戒心が薄まったら、すぐにでも捕まえて病院へ連れて行くことを伝え
それまでは、エサ皿は毎日食べさせ終わったら撤去するから
あげ続けさせてほしいとお願いしてみた。

これは「お願い」であると同時に
白いネコは私のネコであるということを伝え
今は野良だからといって追い払い危害を加えないでくれという「告知」のつもりでもあった。

厚かましい話しであることは分っていたが
日中、ここに来ることが出来ない身では
リオンをニンゲンから守ってやることができない・・・・・


話を聞き終わったマネージャーの顔は
特に変わらなかった。
でも。

あげるだけならかまいませんよ。

という返事をもらうことが出来た。

もちろん、「敷地内に入らない」でエサをあげるという言葉が隠されてるのは
いやでも伝わってきたけれど。

でもとりあえず、許可のようなものはもらえた。
これで、毎夜、私がフェンスの中を覗きながらこそこそやって
誰かに咎められたとしても、説明をすることが出来る。

とりあえず、とりあえずでしかないけれど
これで、少しの間の安心を得ることが出来たし
リオンをこの敷地内でだけは守ってやることも出来る。

つかの間の安心でも、心は晴れ
数日振りに、冷たい風の中、自転車を漕いで帰る道で
「心配」の二文字を忘れることが出来た。
[PR]
by lyon-sion | 2006-11-25 01:08 | リオンとの出会い~お迎え迄

名前

ココロは決まった。

お迎えしよう。


それからusedでネコ飼育に関する本を買いまくり読み漁る日々が始まった。

5冊目を読み終えたとき
たまたま当たった本が充実したものだったからこその感想だけど
「なんでも知ることが出来るんだな」
そう素直に思った。

私は2匹のケヅメリクガメを育てているけれど
育て始めた頃は、躓きの連続だった。

大きいほうの「むんば」を育て始めたとき、腎臓機能の弱いこの子のことで
数少ないカメ本をすべて買い、いろんな人のHPを見た。
この子にあう症例や行動はどれが当てはまるのかを探して考えた。

小さいほうのモグを迎えた当初はもっと大変だった。
むんばの時のように、補液で腎臓を動かずという治療方針が明確になったけど
この子は、免疫が弱いのが最たる「病気」であって
それから引き起こされるいろいろな症状は
免疫そのものを回復させなければ、根本的な治療が出来なかった。

でも。
ネコちゃんに関しては、明確で治療方法もたくさんあるし
食餌についての栄養学や、行動についてなど
なんでも本で知ることが出来る。

ネコちゃんと暮らしたことがない私だけれど
これなら、ちゃんとお世話が出来そうだという自信がついた。

それに、これはどんな事でも同じだと思うのだけれど
ネコに関する本がたくさんあったとして
自分の選んで買った本が、あの野良猫ちゃんに対して最適な本ではないけれど
何冊も出ているのだから、たくさん読んで
「正しい」もしくは「あの子に合っている」という事例を
探して抜き出すことが出来る。
10冊あって6冊が同じ症例を書いていたとしたら、それは有効、であるはずだ。

これがカメさんでは出来なかった。
ネコちゃんを育てている多くの人にとっては
「あたりまえ」の知識も
私にとっては「重要な新しい知識」だから
それがすぐに探せる状況は、すばらしいな、なんて思った。

それにカメさんと違って
遠くの専門病院に行かなくても
いわゆる町のクリニックのように、地元の動物病院で診察が受けられる。

もしあの子が具合が悪くなったとき、そのサインを見逃すこともあるかもしれない。
だけど、カメさんたちのように片道2時間かけて診察に向かうわけではなく
徒歩圏内ですぐに診察が受けられるということは
大事に至る確立も減るはず。

これなら、安心してお迎えできる。

別に、今、捕まえることが出来て病院に連れて行き
治療を開始したわけでもなんでもないけれど
なんというか、自分のネコに関する知識の無さを補う手段を見つけられたことで
言いようのない安心感を得ていた。

もう、必ずうちにお迎えして幸せにする。

そう確信して決めた瞬間だったと思う。


そして。
いつまでも「野良ちゃん」と呼ぶのも変だと思い
名前を決めることにした。

「Lyon(リオン)」

花の「スピード・リオン」という耐寒性の多年草の名前を頂いた。

今日からは、「Lyon」
そう決めた。

だから、もうどこへもいかないでよ。
少し風が強くて、寒い夜、そう傍らでごはんを食べているリオンに声をかけた。
[PR]
by lyon-sion | 2006-11-20 02:07 | リオンとの出会い~お迎え迄

かくん、かくん

一度待っていてくれたのだから、きっと今日も待ってるはず。

そう思えば、疲れて帰ってきても
ごはんを持って、出かける気力が湧いた。

スーパーの倉庫の土台の下で、その子はやっぱり待っていた。
自転車のブレーキの音で、ごはんをあげて3日目で外まで顔を出してくれるようになった。

警戒はあいかわらずだけど、最初に比べれば驚くべき進歩だ。


とりあえず、栄養のあるものを食べ、きれいな水を飲ませて
痩せた体をなんとかしたかった。

野良ちゃんは、食餌が満足に取れないこともそうだけれど
汚染された水を飲んだりして、具合を悪くすることも多いのだと
本で読んで知った。

だから、何があろうとも毎日。
必ず毎晩来て、ちゃんと食べさせ水分を取ってもらいたい。

本当なら、1日2食~3食に分けてごはんはあげたほうがいいみたいだけれど
こうして持ってくるごはん代も稼がないといけないから
そこだけは勘弁してもらい、とりあえず私がくれば
その場はお腹いっぱいになるのを覚えてもらうことにした。


2日目よりは、ごはんを食べるペースがゆっくりになった。
かっ込む度合いが低くなったといえばいいだろうか。
少しは味わって食べてくれてるのだろうか。

ちょろっと水も飲んでくれた。
少しだけ安心することができた。

だけど。
水を飲むために、ごはんの容器から体をずらしたときに見えた。
「かくんかくん」と走る原因を。

左肢の(おそらく)第1関節から下が無かった。
肢が無かった。

傷口も少しだけ見えた。
血は乾いていたけれど、赤黒い痛々しい傷口だった。

でも、この子を初めて見たとき、走っていた。
あたりまえだけど、靴なんてないから
傷口をコンクリートの地面に、少しであれこすりながら
踏み蹴って走っていた。

スーパーの倉庫裏、住宅が立ち並ぶ道だけれど
ごはんを一生懸命食べているこの子を見て、泣けてきた。
これがつらいことではなくて、何がつらいのだろう。

でも、それでも何かを食べて生きていこうとしている
この子に申し分けなくて泣けた。

人間から走って逃げ、命を守るという術を
肢を無くしたことで失ったこの子は、それでもなお、必死で生きている。

人間が負わせた傷なら、人間が治し命を守ってやらなきゃいけないんじゃないのか。
傷を負っただけでも十分だと思った。

もうこの子は、つらい思いをする必要は無い。
[PR]
by lyon-sion | 2006-11-19 03:27 | リオンとの出会い~お迎え迄

出会い

私との出会いは2006年11月3日夜8時。

3連休の初日、遅い夕食の材料を自転車で買い物に行ったときのこと。

スーパーの裏手から入ろうとした私に、走り去ろうとする白いネコが目に入った。

様子がおかしいのはすぐにわかった。

肢をケガでもしているのか、片側にかくんかくんと体を傾けながら走っていた。

気になったから、買い物をさっと済ませ
また、スーパーの裏手へ向かう。

スーパーの敷地内のプレハブ倉庫の土台の下で
その子は、ちょこんと座っていた。

私を視線の先に捕らえると
警戒するかのように、前傾姿勢になる。

でも、それもおかしかった。
やっぱり少し、体が傾いていた。


ケガか。
痛いだろう、治してやりたいけれど。

そう思いはしたけれど、では、治療してどうする?
うちにはリクガメがいる。
つれて帰れるのか。

では、このまま放っておくのか?
状況を知っておいてそれはできない。

なぜなら、初めて心底触れ合った猫を
事故で亡くしたから。

目の前にいる子は生きている。
でも傷口が化膿したらどうなる?

今だって十分寒い。
この冷たい風に耐えながら、痛みにも耐えなければいけないのか。




私は、幸か不幸か、猫に対するイメージというものに
まるで漫画のような印象しか持っていない。

世間では、不幸にも捨てられたりして、野良猫にされてしまった子がいることもしっている。

でも、目の前で震えながらも全身で自分の身を守るべく
痩せた体を硬直させている猫を、間近に見たことはなかった。



うちでは育ててやれない。
だけど、せめて食餌をとらせ、お腹を満たしてやることをしたかった。

そのまま、スーパーに引き返し
ドライフードと水と、それを入れるランチパック容器を買い
白い猫の元へ戻った。

今となっては不思議なことだけれど
その子は、まだそこにいた。
待っていたわけではない。
でも、立ち去らなかった。

スーパーの敷地のフェンス越しで
ドライフードを食べさせながら、もう心は揺れていた。
野良猫に食餌をあげるということは、どういうことかを噛み締めながら考えた。

でも、答えは出ない。
「また、明日くるよ」
そう声をかけ、私は家に戻った。


猫は時間がわかる。

家に帰ってから、いくつかのHPで知った私の最初の「猫に関する行動知識」だ。

猫の必須栄養のことや、体のことについては知識はあったけれど
肝心の「猫と暮らした経験」がない私は、行動のことは何も知らないに等しい。

11月4日になって、暖かい日中のうちに、またごはんをあげに行こうなどと考えたが
もしかしたら、また夜8時に、あそこにいるのではと考え直した。
そして、もしいたとしたら、それはごはんを待っているということなのかもしれない。

夕べよりも空気は冷たくて、自転車を漕ぎながら受ける向かい風が
羽織っていたフリースの隙間へ抜けて寒い。
でも、私には家がある。
帰れば暖かい部屋がある。

でも、コンクリートの上で、4肢をお腹の下に入れて丸まりながら
じんわりと伝わってくる冷たい場所しかないあの子はどうなのだろう。


そして、その子は昨日と同じように
冷たいコンクリートの上にちょこんと座って待っていた。

なんと言えばいいのだろう。
可哀想という感情が無いといえばウソだし
では、心底可愛くて抱き上げたいというものでもなかった。

ただ、抱き上げて人のぬくもりを、
この子用のベッドを作り、その柔らかさを
四肢を伸ばし、緊張をほぐし
穏やかなときをあげたかった。

そして、お互いが常に必要とするでもなく
甘えたいときに甘え、気ままに過ごしたいときはそれを尊重しあう
そんな関係を作っていけたら
そのとき、幸せにしてやれることにもつながるかもしれない。


もちろん、今すぐに抱えて連れ帰るわけにも行かない。
まして今私がこの子と向き合ってる空間にはフェンスがある。
まず、私に慣れてもらうことから始めよう。


凍える夜が来るまで、もうあんまり時間も無い。
それにここはスーパーの倉庫だ。
毎日ごはんを持ってくるのだって、いつ見つかって何を言われるかもわからない。
そこから始めなきゃ。
f0114416_0503648.jpg

[PR]
by lyon-sion | 2006-11-16 00:51 | リオンとの出会い~お迎え迄