元・野良ちゃんで肢を無くしたリオンとFIPでも元気に頑張ってる局長の日々。


by lyon-sion
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

休息

f0114416_10503996.jpg


うとうと・・・


右頬(?)の腫れが引いたので
ほぼ目を閉じて寝られるようになった^^

前は右目だけ開けて寝てたもんなぁ・・・
瞬膜が出っ放しなので、おそらくこれ以上は
目を閉じることは出来ないと思うけど
瞳はちゃんとしまえてるのでOKかな^^



【局長体調メモ20070628-29】

うんちは相変わらず最初約10cmは固形、その後すぐ下痢。

毎日見てて思うのだけど、固形うんちは
まるで判を押したように、いつもほぼ同じ長さ。

そして、ティッシュを重ねて後ろで待機していて気付いたのだけど
固形を出してるときは、臭いもそんなに酷くはないのだが
その後の急な下痢を出す途端に臭くなる。

ニオイというものは、その物体の粒子が飛散して
嗅ぐ人間の鼻腔にくっついて感じ取るものだけど
やっぱ固形だと飛散の速度が違うんだな。
・・・液状は早いのね(;´Д`)


アノレキシノン(消化器機能異常治療剤) 半かけ で10cm
なのであれば、ほかの薬を中断して
普通の排泄をするのに必要な量を調整できないだろうか。

やっぱり下痢が治まっている間は
局長の体調がすこぶるいい。

高齢ネコさんのせいもあるけれど
体調がいいと体毛に潤いがある。
悪いとパサパサ。

毛並みそのものはもともと悪いけれど
体調で触った感じが極端に変わるというのはわかった。




のんびりして、ごはんを食べて、
気持ちいい風にふかれてお昼寝して
また目が覚めたらリオンと遊んで、
ついでに飼主♂を下僕にしてボールを投げさせ遊ぶ・・・(笑)

局長の現在の唯一の業務は
リオンがおトイレしたら、それを見守って(?)
終わったら「片付けろ」と私に教えに来ること。

とくに依頼したつもりはないのだが
キレイ好きリオンに指導されたのかもしれない;;
[PR]
by lyon-sion | 2007-06-30 11:14 | 局長の日々

リオンの受難

自分のベッドがあるのに、わざわざリオンのベッドのすきまに
むぎゅっと入り込む局長。

f0114416_1364197.jpg

リオン : 「せまい・・・なんとかしてっ;;;」

f0114416_1365439.jpg

局長 : 「zzz・・・・・」

リオン : 「重い・・・もういい、寝る(#゚Д゚) !」

f0114416_1371443.jpg

局長 : 「やっぱせまいや。 こっちで寝よ。」 

f0114416_1372816.jpg

リオン : 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・この手の立場は?」




局長が去ってからも、局長に押し出されて
かろうじて態勢を保つために、ベッドにしがみついていた手を放せず
しばし呆然としてしまったリオンでした(笑)

せっかく局長に場所を空けてあげたのにね;;
[PR]
by lyon-sion | 2007-06-30 01:51 | ふたネコさん(局長とリオン)

うんち研究家

【局長体調メモ20070626-27】
f0114416_0242347.jpg


うんちの出かたが毎日同じになった。

出し始めの10cm程度は、普通の固形うんち。
この後急に下痢になる。

結論から言ってしまえば、薬がなければ常時下痢ということなんだけど
ここまできれいに境目ができるのは、なんとも・・・

とりあえず、次回、来週末の定期通院時には
うんちの写真を持っていこうと思う。

毎日、色・形・硬さ・においのチェックをしているけど
やっと「ネコさんのいいうんち」が分ってきた。

くさいなぁと思いつつ、これほど健康状態を
的確に教えてくれるものもない。



食欲アリ、元気アリ。
ここ数日は、ボール遊びに燃えていて
とうとう、遊べとボールをくわえて持ってくるようになった。

お気に入りは、3色のスポンジボール。
ネコトイレの7~8mmの消臭球よりも気に入ったらしい。

うんちお写真・・・気持ち良いものではありませんのでご注意ください・・・
[PR]
by lyon-sion | 2007-06-28 00:32 | 局長の日々

オーバーアクション

f0114416_23384491.gif


最近のリオンのくつろぎ場所は、私のデスクチェアの上だそうで
リオンがいる間は、私は座らせてもらえない(笑)

とりあえず近くに座ってTVを見たりするんだけど
リオンはその間、じっとこちらを観察している。

モノを取ろうとしてデスクに手を伸ばすと
まだまだ警戒されるので、そんなときは

「リオンはかわいいねぇぇーーー♪美人さんだねぇぇ♪」

と、高い声で目いっぱいの笑顔をリオンに向けて言うことにしている。

やってる私をハタから見たら
きっとモノスゴイことになってそうな気もするけど
当のリオンは、写真のような顔をして、まんざらでもないらしい(笑)

こんなオーバーアクションで、リオンに振り向いてもらえるのかと思ったが
局長はそうやって、リオンを振り向かせた。

だから、局長に倣って
私も続けてみるとしよう。

いいねぇ、リオンはみんなに誉めまくられて^^;
でもリオン、こんな言葉知ってるか?

「若いうちが華」 と(笑)
[PR]
by lyon-sion | 2007-06-27 23:52 | リオンの日々

連続

【局長体調メモ20070625】

6/24に固形うんちが出た夜。
もう深夜を回っていたので、6/25
いつものように2つのネコトイレの間のフローリングをガリガリと掘り始めた。

ティッシュを3枚重ねて、お尻の下に後ろから差し込んで待機。
しっぽを目いっぱい上に伸ばしてふんばった。

そこに出たのは、前日と同じ固形うんち。

でも・・・やっぱり10cm近い固形をしたあとに
とろとろうんちが出る。

固形うんちをビニール袋に入れて、固さの確認をして思った。

たった10cmの固形の後に、いきなり下痢が出るのは
その分だけしか薬の効果がないということ。

今飲んでる薬のあげ方は、

【朝】
 ・トランコロン(過敏大腸抑制剤)
 ・アノレキシノン(消化器機能異常治療剤)

【夜】
 ・エクセラーゼ(消化酵素剤)
 ・グルタチオン(強肝剤)
 ・トランコロン(過敏大腸抑制剤)
 ・アノレキシノン(消化器機能異常治療剤)

となっている。

6/24は朝に固形うんち、6/25は深夜に同じく固形が出ている。

ごはんの消化時間を考えると、やっぱり朝の
 ・トランコロン(過敏大腸抑制剤)
 ・アノレキシノン(消化器機能異常治療剤)
の組合せが効いているから、夜ごはんの後の排泄が固形化されているということだと思う。

・・・この様子を見て、ちょっと思うことがある。
とにかくあと2週間、この薬を飲みきって
院長先生と相談をしてみようと思う。
当たりだったらいいな;;
[PR]
by lyon-sion | 2007-06-26 00:53 | 局長の日々

快挙!!!

【局長体調メモ20070624】

すごいすごい!!!

局長のうんちが、「本当に固形」だった^^
最後こそ、とろとろになっちゃったけど
約10cmは、本当の固形。

我が家に来て丸2ヶ月にして、初めての「普通のうんち」だ。

アノレキシノン(消化器機能異常治療剤)が効いたのか、
ほかの薬との相乗効果かは、まだわからないけど
とにかくちゃんと消化されて栄養を摂って、固形で出てくるのは調子がよくなったということ。

これで、薬の組合せがはっきりすれば
服薬する個数も減るかもしれない。


食欲・元気も上々。
今日は文句ナシ!
[PR]
by lyon-sion | 2007-06-26 00:03 | 局長の日々

局長通院メモ20070623

今回もゴロゴロとペットカートを押して病院へ。

まずは、前回処方されたトランコロン(過敏大腸の症状を抑制する薬)
の効果のほどを報告すべく、うんちの状況を説明する。

出るときは形があるけど、結局は下痢。

そういうと、お腹の触診をする。

やっぱり腸の動きが鈍い。

そこで、今までの薬はすべて継続しつつ
新たな整腸剤が追加されることになった。

今飲んでる薬は、
 ・エクセラーゼ(消化酵素剤)
 ・グルタチオン(強肝剤)
 ・トランコロン(過敏大腸抑制剤)
それに、
 ・アノレキシノン(消化器機能異常治療剤)
が加わる。

これで2週間様子を見て、それでも下痢が治まらないようであれば
ほかの方法も考えようとのことだった。

私はいつも、院長先生にココロの中で感謝していることがある。

下痢の改善のために薬や注射が増えるけど
通院して2ヶ月、どーにもこーにも治まらない下痢に
ただの1度も、「ステロイドでとりあえず抑えましょう」とは言わない。

局長は以前の病院でステロイドを注射して、約2週間ほど
下痢が止まったことがある。
もちろんそれは報告してある。
それでも使わない。
それは、根本から治療しようということだ。

医師であれば、その姿勢は当然であってほしいと思うけれど
FIPというとそうはならないことも多いのを知っている。

だから、治る希望を持てる言葉は、ただのひとつもかけてはくれないけれど
なんとか頑張っていけるものは、毎週くれているのだと思う。




その他は調子もよく、注射も今回はナシ。
特筆べき所見ナシで診察は終了。

帰宅してからも元気な様子は変わりなし。
局長自身の要望で、バルコニーでのお散歩もした。

夜になってごはんと投薬を終えてから
飼主♂♀、特に♀のひどい肩こり改善のため
スーパー銭湯へ出かける(笑)

ミストサウナに入って温まって
マッサージチェアに30分も座り、気付けば3時間近くが過ぎていた。

飼主♂が先に帰り、私は買い物をして帰ると
玄関に局長が迎えにきた。

いつもの何倍も大きな声で鳴きながら、何かを訴えてくる。

相方にどうしたの?と聞くと
相方が帰って来た時も同じ様子だったそうだ。

局長がうちに来てから、夜の外出はしたことがなかったので
不安に思ったのかもしれない。

ごめんごめんと謝って、マッサージしたり
呼びかけに返事をし続けたら落ち着いてくれたようだった。

その様子を見て相方が
「なんかトラウマでもあったんかね?」と言った。

そうなのかもしれない。
置き去りにされたとき、戻ってくると思った飼主さんが迎えにこなかった、
捨てられたのだと気付くまでに時間がかかっただろう。

不安は作ってはいけないけど
飼主♂♀にも、ちょっとだけ体力回復の時間も作らせてもらいたい。
だから、お詫びにベッドにつれてきて、ちゃんとそばにいることを教えてみた。
そして今日も、私と相方の間で4肢を伸ばして眠りについた。
これで不安が解消すればいいんだけどな;;
[PR]
by lyon-sion | 2007-06-25 01:33 | 局長通院メモ(過去)

またたび局長



たまらんーーー(´ー`* ))))♪



「にんじん起き上がりこぼし」 に、薄くまたたびをスプレーしたものをあげてみたら・・・

こんな(笑)




【局長体調メモ20070622】

うんち、出てきたときは形アリ、その後崩れる;;
お腹のハリは治まらず→マッサージ多目に。
食欲アリ。
元気アリ。
くしゃみ数回。
[PR]
by lyon-sion | 2007-06-23 18:05 | 局長の日々

ひいたかも

たまには明るいお話でも^^;

局長の顔の右側は、磨り減った歯が埋没して涙管周辺に食い込んでいるので腫れている。

歯を抜いてしまえば、あっさりと治るけれど
埋没しているので、抜歯は全身麻酔が必要になる。

が、FIPとなった今、もう麻酔はかけられないので、抜歯もあきらめることになった。

でも、腫れのせいで鼻詰まりも起こしてしまった。

ネコさんは鼻呼吸しか出来ないから、とりあえず腫れだけでも引かせて
呼吸をラクに出来るよう、抗生剤の点眼を始めた。

それから約2ヶ月。
f0114416_0562469.jpg

写真を比べて、鼻の周りがすっきりしているのに気付いた。

腫れが引いてる^^
正面から顔を見たとき、目が左右対称にちゃんと見える。
うちにきた当初、局長は顔が曲がってる子なのかと思っていたので
涙管圧迫の診断を受けたときは、ちと驚いた。

点眼を開始して1週間もしないうちに
鼻詰まりは治ったけれど、やっぱり外側の腫れはなかなか引かなかった。

f0114416_0563371.jpg


歯根が奥まで押され瞬膜も押し上げてしまっているので、
目の下のあたりがでこぼこしているのはもう一生治らないけれど、
とりあえず腫れが引いたということは、そのあたりの痛みもないということだ。

体調が悪いときに、呼吸がきちんとできなほいほどつらいものは無いと思う。

歯根を抜歯出来ないので、抗生剤の点眼は一生続くけれど
それも1日1回で済んでいるので、よしとしよう。

f0114416_0564468.jpg


お風呂場の前でくつろぐ ふたねこさん。
それぞれ、定位置だそうな^^



【局長体調メモ20070621】

うんちナシ。
食欲普通。
元気もあり。
平和な1日。
[PR]
by lyon-sion | 2007-06-22 01:18 | 局長の日々

がんばった証拠

【局長体調メモ20070620】

今日から投薬内容が増えた。

朝 : トランコロン半かけ

夜 : エクセラーゼ1カプセル ・ グルタチオン1/4かけ ・トランコロン半かけ
    ※涙管炎症緩和点眼薬エリコリ・耳血腫痕掻き毟り/必要に応じてステロイド軟膏


夜、2日振りにうんちをする。5分の間隔を空けて2回した。

1回目 : 形はあるけどやっぱり下痢。
2回目 : とろとろ。ついでに水様便。

院長先生の言っていた「未完成のうんち」とは?と思い
スーパーの薄いビニール袋に入れて解剖してみた(笑)

目視で何がわかるものじゃないけど
なんというか、漉された感がないうんち。

リオンのと比べると、なんとなく消化途中のようなものが混じってる感じがした。

思い出したのだけど、院長先生はそろそろ薬を変えるつもりのようだ。
とりあえず、グルタチオンとエクセラーゼのストック量を聞いてきた。
あと2週間分あることを伝えると、「ふむ・・・」と考えていた。

皮下注射した抗生剤のアンピシリンは効いてると思う。
明らかに大腸の動きが改善されたからだ。
それで細菌抑制が完璧に出来れば、ばんざ~い \(^o^)/なのだけど
そこまでは無理そう。

トランコロンは、水様便が治らなければ
中止かも?。

食欲は変化ナシ。
あわよくば、リオンのネコ缶のみのごはんを奪おうとする(笑)
元気もある。
リオンと追いかけっこしていた。


ただひとつ気になるのは、1回目の「かろうじて形のある下痢^^;」をしたとき
肛門の内側あたりが切れて出血した。
切れたのは2回目。
うんちはちゃんと調べたので、血便ではない。

ちゃんと肛門を見ながら、おしりナップで拭いたわけじゃなかったのに
なぜ内側だとわかるかというと
肛門を拭いても痛がらなかったから。

あんなゆるいうんちで切れてしまったということは
大腸がかなりのダメージを受けてるのかもしれない。

それでも、2回目の水様便では血は出なかった。
だから、1回目はちゃんとお腹に力を入れて出そうとしてくれた証拠。
お腹に力をいれずらいのに力んでくれた証拠。

だから、がんばってくれた証拠。
[PR]
by lyon-sion | 2007-06-21 00:41 | 局長の日々