元・野良ちゃんで肢を無くしたリオンとFIPでも元気に頑張ってる局長の日々。


by lyon-sion

<   2008年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

おなかぽんぽん

f0114416_1281429.jpg

f0114416_1282226.jpg


おなかいっぱいでねむねむzzzzz.....
[PR]
by lyon-sion | 2008-07-29 12:09 | ちびたち | Trackback | Comments(4)

ばんざーい

f0114416_1244467.jpg


暑いと仔猫もダレる(;´▽`A`` 暑いねぇ.....
[PR]
by lyon-sion | 2008-07-29 12:06 | ちびたち | Trackback | Comments(0)
f0114416_0121350.jpg

3匹ともに眼やには相変わらずだけど、慈が鼻水を出すようになった。
昼前に目を拭きに行ったら、ぷすっぷすっと呼吸をして、鼻の穴から飛び出す鼻水。

とりあえずそのまま獣医に電話をしてみたら、
 ・結膜炎が悪化して鼻水が出ている
 ・おそらくウィルス性のものなので、抗生剤は効かない(*下欄参照)
 ・予防薬という意味での投薬なら出来る
 ・鼻水が透明から青(いわゆる膿のような色)になったらまずい
 ・現状では治療するかは飼主の判断
 ・どうしてもというのであれば、薬は用意して待っている
とのことだった。

ここでいろいろ思った事はあるのだが
鼻水が透明なので、通院で必要以上のストレスをかけ悪化させるほうが怖いということで、様子を見ることにすると返事をした。
これは私の判断。だから、飼主の責任なのだと、さすがに深呼吸をしてしまう。

今日は祝日でどこも午後は休診。
明日の朝の状況で、通院を判断しようと思ったら
夕方になって、青い鼻水が出る。

猫ウイルス性鼻気管炎(FVR)であれば、とりあえずは栄養補給が必須なので
またミルクを作ってみたものの、ゴクゴクと飲んでもらうには至らず。

それでもシリンジで少しずつ口に入れると舐め始め
5ccくらいは飲んでくれたかもしれない。

あとはマメなホウ酸水での目の清拭と、鼻水をティッシュで拭きとることだけだ。

21:00過ぎに、また眼を拭きに行ったら
青っ洟は鼻くそになり(笑)、それを取ると透明な鼻水が出た。
良くはないのだけど、今夜は大丈夫そうだ。

でも、いずれにしても暑いからといって涼しいところで寝ようとして
結果、体を冷やしてぶり返すこともあるかもしれない。
明日、まとめて3匹診察を受けよう。

花は、まだおっぱいを飲ませてくれているけれど
そろそろ乳離れさせようとしていて、寝場所も花だけケージの外になった。
だったら、花はお留守番で、3匹だけで行ってくることにしよう。



(*)ウィルスに対する抗生剤について

FVRというと、抗生剤の投与がまずあげられるのですが
今日、獣医師が私に言ったように、効能はありません。
もし投与するなら、あくまで細菌性の合併症治療に対しての抗生剤ということになります。

また、参考事例ではありますが、ウィルス性のものかどうか判断がつかない時に
抗生剤を投与して沈静化するかどうか、経過観察をすることもあります。
以前、局長がFIPVの治療に際して、ステロイドと併用して多数の抗生剤投与を受けましたが、それはこのことによるものです。
(もちろん色々な抗生剤を、数打ちゃ当たる的なトライアル投与が良いとは言えません)

このことを踏まえたつもりで、今日、獣医が私に判断を委ね、結果通院しなかったのですが、これが最善の判断とは限らないことをご了承ください。
[PR]
by lyon-sion | 2008-07-22 00:19 | ちびたち | Trackback | Comments(4)

自分専用

f0114416_2317695.jpg


室内からバルコニーへ出るドアは開き戸なので作り付けの網戸はない。
なもので、去年から後付けのアコーディオンタイプの網戸を設置してある。

だけどこれが安かったやつで、網戸の網は結構簡単に枠から抜けてしまう^^;

それに気づいたのがリオンだけで、網戸にしておくと
網にぐいっと頭を押し付け、リオンだけでバルコニーへ出て行く。

最初こそ、フェンスの外に出て冷や汗をかいたこともあったけど
今では、自分で押しあけた隙間から自由に出入りしている。

飼主♂♀不在の時は、ドアを閉めて行っちゃうので出られないけど
在宅の時はもう、どうぞご自由に・・・という感じ。

局長と花は、リオンが出入りしているのを見ても
ニンゲンに「開けて」と言いに来る。
もちろん言いに来なければ開くこともないので
結局バルコニーは、自由に出入りするリオンが独り占め、ということになる。

でも、局長を出してやっても
こちらはキャンプ用の折りたたみ椅子を出してやらないと、
「椅子が無いなら帰る;;」と居間に戻る。

花は、これまたキャンプ用のテーブルの下でゆっくりとくつろぐのが好きなようで、洗濯を干したり、プランターの野菜の世話をしにニンゲンが出て行くと、一目散でBabysのいる寝床に帰ってしまう。

3ネコ三様だけど、やっぱりネコさんの中では
バルコニーは唯一リオン専用なのかも。
[PR]
by lyon-sion | 2008-07-21 23:30 | リオンの日々 | Trackback | Comments(0)

じーちゃんと孫娘

f0114416_1146.jpg


局長と慈ちゃんです。


局長はもう仔猫さんが気になって気になって仕方無かったのですが
突然現れた「でっかいおっさん」にビビらず興味を持ったのが慈ちゃんだけでした。

以来、こんなです。

花や叶・幸が一緒だと、局長は遠くから(おそらく)慈だけを見守ってます。

とりあえず子守はよろしゅう(^▽^)
[PR]
by lyon-sion | 2008-07-21 01:04 | 局長の日々 | Trackback | Comments(6)
早送りではありません。



とりあえず柔らかいものでも置いておかねば。
[PR]
by lyon-sion | 2008-07-17 23:52 | ちびたち | Trackback | Comments(10)

あらまぁ。

f0114416_0285382.jpg



.....どう解釈すればよいでしょう?(笑)









と言っても、花がリオンのいる椅子の上につかまり立ちして覗こうとすると
リオンが威嚇するのは相変わらず。
でも、貴重な一歩な気が。
[PR]
by lyon-sion | 2008-07-16 00:31 | ふたネコさん(リオンと花) | Trackback | Comments(2)

変化?

約1か月ぶりに、リオンがトイレでしっことうんちをした。
花の奇襲が怖くなくなったのだろうか。
とりあえずニンゲンがいる夜間だけでもトイレしてくれればいい。
今まで、それすら出来なくて、お漏らしやタンスの影でうんちをしてしまうほど、トイレは怖い場所になっていた。

なんの心境の変化だろうか。

とりあえずこれで、しっこをがまんしての
腎機能の心配はなくなった・・・のかなぁ。

ついでに、局長も久々に水様便が治まった。

またすぐ戻っちゃうかもしれないけど
この暑さで体調を崩さないかとひやひやしてたので、嬉しい限り。


今日はいいことづくし(*^。^*)
[PR]
by lyon-sion | 2008-07-15 01:11 | ふたネコさん(局長とリオン) | Trackback | Comments(2)
夕べ、Babysの目をホウ酸水で拭いている時に、相方が言った。

「幸、立てないんじゃないの」

よくよく見れば、叶と慈はもう歩いているのに
幸は支えないとちゃんと立てない。
カエルのように肢を開いてズルズルしていた。

骨盤に異常があるんでは?

ということで、会社を17:00Justに出て、すぐタクシーに飛び乗り東京駅へ。
電車で東京駅に向かって乗り継いだのでは、19:00の閉院時間に間に合わない。
いつもなら2本くらい待って座って帰る東海道線も、停車していたやつにすぐ乗って家へ帰る。

大騒ぎの局長だけ、晩ごはん:その1であるカルカンをあげて
キャリーへ花と幸を突っ込み、病院へ向かった。

獣医師に診せると、確かに肢が弱いのだけど
骨に異常はないとのこと。
むしろ、骨を支える筋肉が未発達でうまく立てないのではないかという。

その原因は、栄養不足が考えられる。

叶と慈の状況から見ると、幸は満足におっぱいを飲めていないのではないかという。

今日で生後1か月。
少し早目だけれど、離乳を始めて
きちんと栄養確保する方向へ持って行った方がいいかもしれないとのことだった。

ただし、花が未だにおっぱいだけで3匹を育てているので
1日に1回でも2回でもいいから、ミルクを飲ませるのでもいいと言っていた。

この辺はよくわからないのだけど、野良ちゃんであれば
母猫が離乳する時は、自分が食べた物を仔猫の近くに吐き戻してあげるのだという。

前に1度だけ、産場所の入口で吐いていたことがあったのだけど
そのころは離乳ではなく、単に吐いただけだったと思う。
そして今、その行動が全くないので、もうニンゲンが介入してもいいのかも知れない。

ただ、獣医師は花を褒めていた。
生まれて1か月、まったく人間の手を介さず、花だけで育てている。
babysも大きくなっているのに、まだ少しでも離れれば心配そうに鳴きながら見ている。
ちゃんとお母さんをやってるんだなぁと。

うまく花の自由な時間を増やしつつ、Babysの離乳を進めていけたら
これほどいいことはないのかもしれない。

それから、一番結膜炎が酷かった幸の目も診察してもらったのだけど
もう花を経由した抗生剤投与は終了になった。
目やにが治まるまでホウ酸水で拭いてやるだけでOkとなる。

ついでにリオン対策で、花の爪切りもしてもらって病院を後にした。

帰宅して、局長・リオン・花にごはんをあげ
花の授乳が済んでから、この日のために買っておいた哺乳器にミルクを作って持って行く。
タオルを筒状に丸めて、そこへ乗せ授乳開始.....をするも
完全拒否;;

んじゃぁということで、ダメもとでと
お皿に出したらちゃんと舐めた!
f0114416_0272920.jpg

素晴らしい(´;ω;`)ウッ…

大きくなったなぁ、幸っちゃん。
[PR]
by lyon-sion | 2008-07-15 01:05 | 花たち通院メモ(N病院) | Trackback | Comments(0)

同じニオイ

お風呂入れました、入れてみました。
f0114416_11235100.jpg

f0114416_1124623.jpg

リオンと花、それぞれ同じシャンプーで洗いました。

関係ないけど、お尻の汚れてた局長も巻き添えに(笑)
f0114416_1132170.jpg

しっぽがまだ濡れてます。
結構、ムカついてるらしいです(笑)



さぁ、君たちは今日から同じニオイの仲間だ。



なーんて、思ってたけど
2時間後に、リオンと花が一悶着;;

そうそううまくいくはずもないか。

ま、家の中があっちもこっちも同じニオイで充満してるから
なんか感じ取ってくれるといいなぁ。


まぁ、何もなくても、
f0114416_1165945.jpg

逃げずに抱っこされてるリオンさん。
これが出来ただけでも、大収穫(笑)



・・・余談ですが、リオン・花・局長の順でお風呂に入れて
暴れたのは、下半身しか洗わなかった局長だけ。
引搔かれてもOkなように、Tシャツ、ジーンズのまま一緒にお風呂に行って
一緒にシャワーを浴びる;;
リオンと花は、固まっちゃった&観念しちゃったらしく
かなりおとなしく洗わせてくれました。

唯一、お風呂に入っても逃げたり動じたり、割としない局長が
必死に私のジーンズに爪を引っ掛けてつかまり立ちしていた。
最後の方は、Tシャツにも引っかけて、
「これ以上は動かないから濡らすな」とばかりにお怒りに(笑)
腕と首周りのミミズ腫れを、半そでの時期にさらすのはみっともないです(笑)
[PR]
by lyon-sion | 2008-07-14 01:25 | ふたネコさん(リオンと花) | Trackback | Comments(2)