元・野良ちゃんで肢を無くしたリオンとFIPでも元気に頑張ってる局長の日々。


by lyon-sion
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

どこでもドア

が、切実に欲しいです。
そしたら、あと4時間寝る時間が増える。

たぶん、あたしの人生の中で今が一番忙しいんだけど、いいねぇ忙しいのは。

余計なことをあんまり考えなくてよいです。
とりあえず走って走って、いろんなことをマッチングさせてちょっとでもいい結果が得られれば最高です。


んが。

やっぱりいろんな思いをもって、みんな里親募集に応募してくるんですね。
真剣にお返事書いてるんですけど、伝わってんのかな。

んでさ、返事出すじゃないですか。
そうするとね、レスが妙に早いんだw
期待に胸膨らませてる人までいたりして。

いやー、期待には応えますよ。あんなかわいいもの。
うちじゃ育ててやれないからさ、悲しいけど。
だから、代わりにうさぎたちにあたしの睡眠時間と趣味の時間をすべてあげますです。

今日のお世話の帰り、実は新記録を更新しました。
満員の超揺れ揺れ京急の快速で、10分間端っこでよっかかって立ったまま寝てました(笑)
今まで5分はあったんですよ。

しかも携帯を持ったままだったんですが、それも落とさず夢を見ながら寝ちゃいました。
品川を出て、気づいたら川崎を出るとこでした。
あたしすげぇ。\(^O^)/
明日からは必死に座るべく、座席の方で吊革に掴まってなくてよいですな。
なんか自分でわかりますね、ナチュラル・ハイなのが・・・

でも・・・
8羽すべてにお見合いが決まりましたー\(^O^)/
1週間、眠さこらえて毎日せっせと里親希望者にレスし続けてよかった。
みんな良い里親さんになってくれそうな人ばかりです。

若い同棲カップルさんがいたんですよ。
でも最初断ったんです。
だって別れでもしたら、うさぎは邪魔者になる可能性大だから。
だから、いつかあなたも結婚して妊娠したら、アレルギー出るかもとか、そしたらあなたの健康守れないとかなんとかオブラートにくるんで断ったんですよ。
でも、今までの飼育経験とか事細かに書いて返信くれるんです。
だけど、やっぱりうさぎだって10年は生きるわけだし、10年後なんて保障できない。
いや誰だって10年後はわかんないけど、今現在ファミリーの状態であれば
うさぎは路頭に迷う可能性が限りなく低いもんね。
それはネコさんも一緒だけど。

だからもう一度断ったんです。
今度ははっきり書きました。
あなたが彼氏と結婚しても別れても、うさぎは守ってくれるかと。
最後まで、あなたにもしうさぎを託したら、その命を全うするまで預かってくれるのか。

そしたら更に詳しくメールをくれました。
自分と彼氏が結婚するかどうかはわからないけど
その場合にはどういうふうにして誰が面倒を見るのか、事細かに書いてありました。

んで、Aさんと話しました。
最後は会って話して決めようと。
つまるところ、大事にしてくれるかが重要なのだから
年齢に不安は残るけど、熱意はあるのだから、預けてみようと。

この女の子のもとへいくうさぎは、なんとなくだけど幸せになれそうな気がします。

とりあえず8羽、あとのちびうさは、かーちゃんのミルク飲んで、すくすく成長中です。



おとといですが、Aさんがネコさんを保護しました。
今日、不妊手術から帰ってきて、とりあえず療養中です。

この子、リリース予定だったそうなんですが、あまりにもチャーミングなもので
傷が癒えて室内生活に完全に慣れたら里親探しをすることになりました。

うさの里親ブログ、そのうちネコ里親ブログになるかも(笑)
そのときはみなさま、ぜひよろしくお願いします!

つーことで、お見合い時間の最終確認メール、書きまくりに行って参ります。

コメいただいたみなさま。
労りをありがとうございます。
優しい言葉にちょっと目汁が・・・

さすがに体がきついです。
この前、4時半まで里親メールの返事書き続けてたら・・・やっちゃいました(笑)
起きたら、就業開始時間でしたwww
あれ、局長が起こしてくれなかったら、もっと寝てた気がする^^;


すいません、自分のブログでBreakさせて頂きましたー。

コメは後日、きちんとお返事させてください。
いつもありがとうございます。

ままむんば
[PR]
by lyon-sion | 2010-04-15 01:41 | ひとりごと

おんなたるもの

「あらまぁ!あなた!」

地域グループのAさんが、この前私を見るなりびっくりした顔でこう言った。

はぁ?何でしょう?

その日は風が凄まじく、普段必死に下ろしている前髪が上がってしまいパックリ割れていた。
ふと鏡を見て、我に返った。

普段抜いてる部分の眉毛が生えてきてて、なんともみっともない様相に・・・


Aさん、お顔関係のお仕事されてるので、その辺は厳しい。
いつ見ても化粧が崩れてない。
人生の大先輩である年齢だ。
でも肌なんぞ、あたしよりハリが有りそうだ。
おんなたるもの、綺麗にしておけよということだ。

どーせあたしはB型、てきとーなB型、今はお世話でくたくたなんだし、顔なんてこの際どーでも良い。
仕事中だけ口紅塗っときゃOKだ。


そんなAさん、O型と決め付けて見ていたが、なんと同じB型だった。

血液型のせいにしてはいけませんな。
ということで、それからはマメに抜いてます、ムダ眉毛。

とりあえずまだ30代、「きれいな餌やりおねーさん」を目指します(笑)
あ、でも目標は立てるためにあるんだよねーwww


★B型のみなさま、申し訳ございません。失言を心よりお詫び申し上げます。
[PR]
by lyon-sion | 2010-04-12 03:35 | ひとりごと

「お取り寄せできます」

ずいぶんブログを放置してしまいましたが、ネコ様カメ様、みんな元気です。

幸の口内炎・歯肉炎は治ってないんですが、それでも鎮痛剤を飲ませつつごはんを出すと
ガツガツと、6にゃん様の中で一番たくさん、一生懸命食べています。

ここ1ヶ月ほど帰宅が遅いもので、ネタが全くございません;;;;;

でもみんな元気、春も来たしね、体調も安定しています。
局長だけは私がいないと×なので、帰ったらとりあえず抱っこすることにしてます。



・・・なもので、我家のネコ様以外のお話を。


先日、飼育放棄のうさぎさんを複数羽、保護しました。
不妊手術もしてもらえていない子達で、結局、28羽の赤ちゃんが生まれました。
でも弱い赤ちゃんが6羽亡くなりました。
先に離乳した子が2羽、知り合いの元へ巣立っていきました。
だから、オトナうさ以外だけで、20羽のお世話をしています。

さすがに我家には保護場所がないので、地域グループさんにお世話になっています。
シェルターの一角をお借りして、仮住まいさせてもらっています。
仕事と我家の動物さんたちのお世話・・・というのもあるんですが
なにより遠距離通勤なもので、週に2~3日は私だけ、お世話のお休みしろと言っていただいています。
その日は、公園ネコさんのごはんのお世話だけで帰宅させてもらい、
募集のページ作ったりポスター作ったりしています。

なんせ里親募集は初めてです。
山あり谷あり紆余曲折等々、いろんなことがあるんですが
やっぱ見ててかわいいな、弱い生き物だなって思うんです。

後発で生まれた子は、手のひらサイズです。
それでもね、ジャンプしたり、兄弟探してくっついて体が冷えないように暖めあって寝てます。
(寝床に保温パックを置いてるんですけど、もそもそ出てきて寝床へ戻らず眠くなったところで兄弟を探してくっつくんですな)
お母さんのおっぱいも一所懸命探して飲んでます。

なんでこんな守らなきゃいけない動物を、放棄したりするかねー。
不思議だよ。
「保護欲」ってものを、かきたてられたりしないのかね。
かわいそう・・・じゃなくてさ、かわいいな、自分のものにしたいな的な。
それ程のかわいさなんだけどね。



なんて状況なので、最近、ホームセンターのペットコーナーに通ってます。
数が多いので、でかい袋単位で食餌を購入するためです。

うちも6匹のネコ様のごはんを買いに行ったりはするけど
ネットの方が安いんで、ホムセンはご無沙汰でした。
じゃあウサのもネットで・・・と思ったんですが、そんな大量のもの、うちに送ってもらっても
まずシェルターまで持っていけない。
シェルターは無人だから、そこを送付先にも出来ない。
じゃあ、ボラさんの家にいったん送ってもらって・・・も、みんな保護活動とかあるしね、
何より、みんな仕事を持ってるから、そんなに何度も宅配受け取りしてもらうわけにはいかないし。
なので、自分が買いに行けるなかで一番安いのがホムセンなのです。

だけどさ、本当は行きたくないんだよ。
生体販売してるしさ。
見るとなんか切ないんだ。

うちで言うと、カメ様のモグとビビは、売れ残りさんだったから。

うちのカメ様の種類は、大人になると甲羅の縦幅が60センチを越えるでっかい種類です。
だけどね、売られているときは500円玉サイズなんです。
一生懸命くちばし(カメの口はくちばしなのです)で、自分が入ってた卵の殻を破ってから
数十日というとこでしょうか。

それをみんな「かわいい」と言って買っていく。

巨大化するのを明示して販売してるけど、でもその愛らしさに惹かれて買っちゃうんだろうな。

でも、かわいくても、そんなにバシバシ売れるもんじゃないから、どうしても残る子はいるわけです。
そして、店頭で少しずつ成長していきます。

いつの間にか、500円サイズが、手のひらサイズに。
そうなると「大きい」と判断されるわけですね。

つか、育つんだよ、ぬいぐるみじゃないから大きくなるのは当たり前でしょ?

でも、それが通用しないのがペットショップなんだろうな。
それで、水槽のすみっこでうずくまってたのが、我家のモグとビビです。
むんばさんは違ったけど。

そんな経験があるから、怖いんですよね。
とはいえ、私もただの会社員。
お迎えする動物さんの数には限界って言うものがあります。
巨大リクガメは3匹。今いるカメさんでもうおしまい。
この子達だけと生涯連れ添うと決めてます。
だって、寿命は30年。ネコ様の倍以上。
一番大きい子が30歳になるとき、私は65歳を越えてるわけです。
その頃になっても、私は毎日カメさんたちのオムツを交換してるわけです。
体力的にも、3匹が限界です。
これが、私の人生の最大の鉄則と誓いに致しました(笑)
誰ですか、誓いは破るためにあるなんて言うのは。



だからね、ペット用品コーナーでウサの食餌関連のものを
がさがさとカートに放り込み、足早にその場を立ち去るわけですよ。
余計なものを見ないために。
ショップの硝子ケージに、ちょっと大きくなって寂しそうにしてるネコ様なんて見たらあなた!みたいな(笑)

その子の将来を心配できるほど、私にはいろんな意味で余裕が無いんですが
きっとずっと頭の片隅に残るんだろうな。


でも、そんな思いをよそに、すごいものを見てしまいました。
なんというか、腹も立ったし、悲しくも切なくもなりました。
壁にこんな言葉が書かれた大きな張り紙が貼ってありました。


(気に入った子がいなかったら、欲しい種類の動物を)
「お取り寄せできます」

は?????何それ。

あぁ、もう説明はいらないですよね。
希望に合った子の生み待ちですか。

なんで?なんで?
言ってもしょうがないけどさ。

どれだけの動物が棄てられてる?殺されてる?

うさの保護してお世話してる間に、グループさんの活動のすべてを見ました。
保護したって保護したってきりがない。
あの人懐っこさは、どう考えても「元・飼い猫」
純粋に野良として頑張って生きてきた子なんて少ないんですよ。

地域グループさんとはいえ、実際は個人ボランティアさんの集まりだ。
その中の中心的な人がAさんなのだけど、東京のとある区内で
一人で400匹を里子に出してきました。
都内全域じゃないです。ひとつの区です。
Aさん以外の人たちのも合わせたら1000匹以上の里子出し、
今現在で面倒を見たり保護中の子は100匹オーバーいます。

もうなんかわけがわからない。

避妊されてない棄てられた元飼い猫が子を産み、なんとか外で生き残ったのを発見したら
不妊手術をしてリリースする。病気や怪我で倒れたら保護して、理解のあるお宅に里親に出す。
チビ猫はそんな猶予もないから、即座に保護対象になる。
放っておいたら秋でもあっさり死んじゃうよ。
外の厳しい環境でも頑張れる子たちには、ごはんだけは保障するから限界まで頑張って。
みんな保護できることに越したことはないけど、そんなのボランティア個人にできるわけがない。

これが俗に言う地域ネコさんの現状です。




・・・・・あー、すいません、愚痴でございました。
読んでくださってありがとう。
吐き出す場所は、ここしかないものでして、思うまま、手が動くままに打ってます。

私、ヒトヅキアイが結構苦手です。
初対面は必ず一歩引いて相手を見てしまいます。
いわゆる「第一印象最悪」の部類です。

だからAさん見てると、すごいなぁと。
誰にでも同じテンションで話してる。
必ずいつ何時も、会話のテンションが同一。
私よりもずいぶん年齢が上の方なんで、経験という部分もあるのかもしれないけど
そればかりじゃないよなぁ。

ついでに思ったのは、ちょっと「まじめで静かめなタイプ」のボラ仲間さんに3日ぶりに会ったとするでしょ。
その3日間の間にも、○○さんは、粛々と地域猫さんや、シェルターのネコさんたちのお世話をしてるんですね。
でも3日って短いですよね。
んで、お世話と言うものは、何日経とうが内容が変わるわけでもなく。
みんなお世話の持ち場もあるのは一緒。
Aさんがその中の誰よりも面倒見たり保護しているネコさんの数だってすごい。

そしたらね、「○○さん、久しぶり~♪どう?元気?」って、1オクターブあげて話し始めるんですよ。
なんと言うか、熱烈歓迎のテンションで(笑)

なんていったらいいのかな、うまく言えないんだけど
いつも手伝ってくれてありがとう、猫たちのお世話ありがとうって、同じボラ仲間に
日常的にはっきり言葉に出してなんて言わないじゃないですか。
それを、そういう言い方で、いつも伝えてるんだと思う。

私、そうAさんに言われた○○さんの顔がほころんだの、見逃さなかったよ。


と、話が長くなってしまいましたが
(いつも支離滅裂ですいません、でもこの「ひとりごと」のカテゴリはそれを書くために作っちゃいました^^;)
そんな人生勉強もさせてもらえてる暖かい方々に、手厚くお世話してもらってるウサたちを、紹介させてください。

http://usagisatooya.blog76.fc2.com/

ちょっとずつですが、里親募集のほかに、うさぎさんの育て方や、食餌のこともアップしてます。
ウサ育てが初めてでも、これを読んでなんとか一緒に頑張っていけるという内容を目指してます。

というか、かなりうるさいこと書いてますが、何でもいいんです、大事にしてくれるなら。
誰だって、うさぎにしろネコにしろ、育てるのは初めてっていう時があったはずです。
だから、一緒に成長してくれるなら、初めてだろうがなんでも良いのです。
もちろん、飼育経験がある方だと、こちらとしては手放しで喜んで幸せを願って里子に出せるんですが(笑)

ここを読んでくださってるネコの保護者のみなさまには、お願いできませんが
(だってそれは、私も同じ(笑))
もし、ウサと暮らしてみたいなんていう方が身近にいらっしゃいましたら、上記サイトをご紹介いただけないでしょうか?
ただ、もしお見合いがうまく行った場合に、私が公共交通機関でお届けにあがる都合で申し訳ないのですが、
土日いずれかの曜日で、東京23区内(もしくは近郊)、川崎・横浜にお住まいの方でお願いしたいと思っています。
よろしくお願いします。


あ、ちなみに、上記サイトでは「かな」というHNです。
由来はうちの、かなちゃんです^^;
今日も元気に、幸の鎮痛剤を投薬するため、寝床から引っ張り出そうとしたら
「かわいい妹に何しやがる!」とばかりに、するどい爪で私の手首・手のひらに4箇所も穴を開けてくださいました・・・そろそろ爪切らせてよ、かなちゃん。

このブログから行ってもらうのは良いんですが、あっちから来られるのは気まずいんで^^;
ここは私のブラックなドロドロしたものもたくさん掲載してるストレス発散場所でもございまして・・・・・申し訳ございません。

ほ、ほら、里親募集サイトは優しくてキラキラした場所じゃないと!(汗
こんな鉛色ブログはちょっと・・・みたいな(笑)
だから、ここを読んでくださってる方は、優しくて気持ちが大きくて広いのではないかと、日々妄想しております。

みんな里子に出せたら、私はこっちだけの生活に戻るつもりです。
なので、みなさま、里親ブログに起こしの際は、「ままむんば」のHNは封印してくださいませ~。


なんか取り留めなくなっちゃいましたが・・・
読んでくださってるみなさまへ感謝を込めて。
ままむんば
[PR]
by lyon-sion | 2010-04-11 03:46 | ひとりごと