元・野良ちゃんで肢を無くしたリオンとFIPでも元気に頑張ってる局長の日々。


by lyon-sion
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

じーちゃん

夢でいいから、じーちゃんに会いたい
[PR]
by lyon-sion | 2012-07-29 21:07 | ごあいさつ

局長

f0114416_2053514.jpg

じーちゃん、最期まで頑張りました
今朝方、亡くなりました

明日の夕方、じーちゃんの体にだけさよならして、連れて帰ってきます

今まで、じーちゃんのことを見守ってくださった皆様へ、心からお礼を申しあげます
ありがとうございました

私にとって、誰も代わりにはなれない最愛の猫さんでした
[PR]
by lyon-sion | 2012-07-25 20:05 | Trackback | Comments(5)

触れない

f0114416_22133066.jpg

帰ってきて、今日はもう動けなくなったようで、寝たままの態勢で排泄してた

お風呂に入れて、少し休憩させてたら手をしきりに動かしていたので動きたいのかと思ったらうんちだった

一応、体を支えて下肢を低めにしてやったけど、思うように踏ん張れなかったせいか、少しだけ息を荒くしてあばれた

お尻を拭いて、励ますつもりで抱っこしたら、軽い痙攣がきたので、また少し寝かせた

だけど、帰宅してお水を口に流し込んでも飲み込まなかったから、輸液をすることにした

胃の中は空っぽだし、おしっこも出切っていた

それで早めに輸液して、休憩させて、体を楽にしてからごはんの予定だった

胸の下からお腹にかけてあたりにバスタオルをこんもりさせて置き、その上に被さるような態勢で輸液開始

真横に寝てる態勢のままでは、何となく皮下に翼状針を刺すのがまだ怖いから、やっぱり箱座りではないが、背中を上に向けて欲しい

ちなみに輸液は点滴ではなく、60mlの注射器でやっている

今日も病院で練習したスピードでリンゲル液を入れたつもりなのだが、100ml入れ終わったら頭部の痙攣が始まった

翼状針は、肩甲骨の間あたりに刺しているが、頭が少し下がった態勢になっていて、背中というより肩中心に輸液が溜まってしまったからだろうか、それが神経を刺激して痙攣を起こさせたのか

一応、明日、輸液の位置で痙攣を誘発してしまったか、病院へ確認の電話をしようと思う

痙攣は呼吸も荒くさせて、全部治まるまで5分はかかった

態勢を楽にして、とりあえず寝かせた
照明もキッチンの手元だけ照らす蛍光灯だけにして、となりのリビングの照明ごと消して室内を暗くしたが、昨日同様寝ない

何となく、目だけはしっかりしてる気がする
正気が失せたような時も無くはないが、今はしっかりしている

昨日は失明したかと思ったが、今日は反応がちゃんとあった


さて、今日、こんな状態で強制給餌していいのだろうか
また痙攣が起きそうな気がする

でも食べてもらわないと、衰弱する一方だ

深夜になってからでも、一定の落ち着きが確認出来たら、猫ミルクだけシリンジで流し込んでみようかと思っている

出来たらそれまで、少しだけでいいから眠って欲しい

夕べも寝なかったが、いつものように脇に抱えた態勢で布団に入ったら、一瞬だけじーちゃんが、喉をプスプス鳴らした気がした
あれがもし本当なら、少しだけはリラックスできていたのかもしれない

今日はもう触れないし、触れない方が、痙攣は起きない気がするのだが、リンゲルだけで寝てしまっていいのだろうか
痙攣が治まって1時間経過したが、まだ決めかねてて、ついでに部屋も暗いから、ちょっとだけ私も疲れで眠くなりかけてしまって、ただこうやって、ぼーっと携帯をぽちぽち打って、blogに送信なんかしている

ちゃっちゃと準備して自分もお風呂に入ってしまって、明日のことを想定しながら寝るべきだし、じーちゃんにもそのほうが体の負担がないかもなのだが、なんか動きたくない

明日は10分くらいでいいから、抱っこさせてもらえるだろうか
[PR]
by lyon-sion | 2012-07-24 22:13 | Trackback | Comments(0)

痙攣

f0114416_141131.jpg

今朝は5時すぎからじーちゃんは鳴いてトイレ!と私を起こしてたみたいだ

しかし爆睡してしまって今日は起きれずで、結局5時20分に起きた時は、じーちゃんのアクリル毛布が湿ってた

輸液が夜なので、朝方のおしっこが一番量が多いのだが、夕べはぐったりしてたから大した量を出しておらず、今朝は毛布とその下のマットまで結構濡れてたが、そのままトイレの前に連れて行きペットシーツを敷いて排尿させても、かなりの量が出た

昨日帰宅したら、一生懸命這ってベッドから抜け出してトイレに行こうとしていた

結局どうにも出来ず、そのままおしっこをしてしまい、下肢が濡れてた

じーちゃんの中では、おしっこだけはなにがなんでもトイレですべきものらしい

それを獣医師に話したら、そうか局長さんはプライドが許さないか、と言っていた

この言葉、聞けて良かった
だって、今まで散々うんちの失敗を毎日毎日して下肢だけだがお風呂も入れ、をしてきた
畳にされたことだってあるし、とにかく排泄場所は家の中すべてだった
体の不調で排便コントロールが無理だったのだから、もうそういうものだと思っていたし、今年になって下肢が弱くなって、おしっこを失敗するようになってからは尚更だった

私の中ではもう、寝たきりになったら排泄はすべて私がさせて、と思っていた

色々調べて、ネコは最期までトイレだけは自分でしに行くとたびたび読ませて頂いたが、じーちゃんに関しては、違う展開が待ってると思っていた

でも、それはネコのプライドが許さない
これはちょっと感嘆というか、凄いんだなと思った

好きで今までトイレを失敗してきた訳じゃない
理解してるから、怒りもせず、いつもちゃっちゃと掃除してこれたんだけど、じーちゃん、精一杯頑張ってたんだな


そんなで朝から下肢だけ洗って乾かし、そのままじーちゃんの朝ごはんに突入した

目標量を食べてもらうには30分かかる
間違って気管に入らないように、下の歯に向けてシリンジを押す

でもじーちゃんは、サイドの歯がないからダダ漏れするので、準備した量の半分飲み込んでくれたら、という感じだ

でも昨日の晩ごはんを食べてないのに、今日も少ししか飲み込まない

カロリーを少しでも摂るのが目標なので、猫ミルクだけ飲ませてきた

そこまでしたら、本当に疲れちゃったみたいで、痙攣が始まった

病院でも軽いのはあったが今朝は当のじーちゃんが驚いたようで声をあげ、呼吸が少し荒くなった

ここまでで、出勤時間がきた

いずれにしろ、痙攣の時は触ってはいけない
落ち着くのを待つしかない

とりあえず、落ち着いて呼吸も戻ったから、出掛けることにした

いま、ランチで会社を出てきたが、帰りたい

だけど、毎日早退も出来ない

もうすぐ夏休みなのだが、前倒しするか考えてやめた

この先の方が暑くなる
もっと部屋に置いておく条件が厳しくなる
そのときに一緒にいるほうがいいのではないかと思った

今はドライ設定26℃でバスタオルを体に掛けてきた

でもトイレに行こうとして外れてるんだろうな

万一のことがあった時、きっとどっちを選択しても後悔しか待ってないのだと思う

だけど、人にも頼めないし、ましてこんな状態では引き受けてくれない

だから、なんでいないのって鳴いてるかもしれないけど頑張って待ってて

じーちゃん、ごめん
ずっといてやれなくてごめん
もう帰りたい
[PR]
by lyon-sion | 2012-07-24 14:01 | Trackback | Comments(0)

ごはん

じいちゃん、尻尾の壊死が止まらず、結局今日も病院へ

疲れちゃったか

ごはん食べず
頑として口を開かない

仕方ないので、とりあえず輸液100ml

なんかおかしい
寝ない

もしかしたら、目が見えなくなってるかもしれない
さっきまでは、目で私を追ってたが、それがない

抱っこしかしてやれない
[PR]
by lyon-sion | 2012-07-24 00:39 | Trackback | Comments(0)

じいちゃん

じーちゃん、脚に麻痺が出てきて、とりあえず寝たきりになってしまいました

獣医師の診断は老衰でした

この5日間、なんか嘘みたいでした
あんなに動けなくなるなんて思わなかったです

もっと毛並みが悪くなって、ボケもあって、鳴いて困らせてから完全に動けなくなるものと思い込んでました

でも、じーちゃん、毛並みはいつもどおり、いつもの目をしてます

仕事に行かなきゃいけないから、昨日から自宅輸液を始めました

なんかじーちゃんより、昨日まで私の方が泣いてました
じーちゃん、いなくなったらどうしようってしか思えずでしたが、じーちゃんに励まされてしまいました

あり得ないですねF7CE.gif

トイレも鳴いて起こしてくれるから、寝たきりになってからまだ失敗無いです

獣医師に治る、では無くていいから、少しでも良くなる見込みは?と、やっぱり聞いてしまいました

もちろん、それは厳しい、現状維持を目指すのが今の目標と言われました
でも賢明な回答でした
ポジティブに受け止めることにしました
これで少しでも体が言うことを聞いてくれたなら、嬉しいことになるねと、じーちゃんに言いました

体温も33.6℃まで下がりました
体重も1.68kgまで落ちました
人間でも良くない数字なのですが、こうやって体は体温を限界まで下げて、代謝を抑制するのだそうです

暖めれば代謝が上がりますが、食べてもらえなければ、自分の体にあるエネルギーを使います

だけど下げたままでは代謝が鈍くなって、もっと内臓機能が低下します

だから暖めて食べてもらうという当たり前のことを、じーちゃんには頑張ってもらわないといけなくなりました

スープ状のごはんをシリンジで1mlを40回、それが私がじーちゃんにお願いした1回分の食餌の最低量です

今朝も頑張って一生懸命呑み込んでくれました


あと。
リオンも慈も幸も、心配してるのか、協力してくれてます

寝る前はいつも撫でろとか私の顔に頭をぐりぐりしたり大変な騒ぎですが、ピタッとそれが無くなりました

じーちゃんが使うベッドは誰も入らなくなりました
いつもは交代で使ってるのに


どうも、獣医師が言っていた、最期の時を静かに待つ、の言葉が飲み込めません

尻尾も先端が壊死したりして、アレですが、じーちゃん、まだまだ死ぬ気は無いと思います

なので、早くじーちゃんに合った介助方法を見つけなければ!

とりあえず今日は輸液セットの保管箱とフードミキサー買って帰ります
[PR]
by lyon-sion | 2012-07-23 12:58 | Trackback | Comments(0)

局長

f0114416_14363534.jpg

ここ数日、じーちゃん、ごはんを食べてくれない。

いつもの健康缶もアウト、好きな銀のスプーンの13歳用をお湯で延ばしたやつもダメ、ナチュラルバランスのサーモン缶もダメ、カルカンの子猫用もダメ。

仕方ないので、A/D缶をスープ状にしたら少し食べたけど、それも長くは持たず。

とりあえず獣医師に聞いて、サプリメントだけど、ニュートリスタッド貰って舐めさせるも、撃沈。が、そうも言ってられないので上顎の裏に塗って呑み込んで貰う。

腎臓ヤバイかなと血液検査もしてみたが正常値。
それより肝臓の数値が高かった。

でももう数年エリスロマイシン飲んでるから、多少の高い値は仕方ないというか想定内。

だけど、もう歩くのがだるいらしい。
動くのはトイレのみという感じだ。

こんな時に猛暑日になっちゃったので、今年初のエアコンスイッチをオンした。
でも昨日26℃の冷風で逃げてたから、今日は27℃にして出てきた。
28℃だと、午後の西日がちょっとキツイなーと。

そして今朝も食べず。
うにゃうにゃ言って私を起こす割りに食べない。
だけどキッチンの前でいつものようにレンジのチンって音をちゃんと聴いていて、ごはんが出てくるのを待ってる。

だけど出すと食べない。
連休中はいつか食べるか舐めるかするだろうと待ってられたが、また仕事だからそうもいかず。

とりあえずナチュラルバランスのサーモン缶をお湯で延ばしたやつをシリンジで2mlずつ口の中へ…というのを10回。
25mlだし、ナチュラルバランスというより、ナチュラルバランスが少し入ったお湯、と言った方が正確かも。

だけどニュートリはあくまでサプリメントだしな。
ごはんの代わりにはならない。
薄めたお湯だろうが、そのほうがマシなはず。
そして長時間、胃の中を空っぽにしちゃって胃液を吐くより良いと思う。

最初は体調不良か?で始まった食欲不振。
でも、昨日から鳴きかたが変わった。
甘える鳴きかただ。
幸や慈からは毎日聞く鳴きかたなんだけど、じーちゃんからは過去数回しか聞いたことがない。

老いが進行してるんだなと、理解はしてたものの、やっぱり実感したのは最近かも。

食べてないし、貧血も出てるが、それを除外しても、脚力がガタ落ちしてる。
それをまだじーちゃんは受け入れられてない気もする。

だからどうしていいかわからず鳴いてる鳴きかたなんだと思った。
今朝は今まで自分から入ったことのないバスルームにいた。
浴槽に水は貯めてないし、入ってもいいのだが、何を思って入ったのかが分からない。

言葉が通じないって辛いもんだな。
[PR]
by lyon-sion | 2012-07-17 14:36 | Trackback | Comments(2)