元・野良ちゃんで肢を無くしたリオンとFIPでも元気に頑張ってる局長の日々。


by lyon-sion
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

日向ぼっこ

f0114416_9145568.jpg

バルコニー独り占めF37E.gif
[PR]
by lyon-sion | 2013-04-28 09:14

平助

f0114416_22364478.jpg

F64D.gifF64D.gifF64D.gif
[PR]
by lyon-sion | 2013-04-21 22:36

投薬期間

さっちゃん、メタカムを3/16に舐めさせてから、ヒートが始まってしまい
あー、口内炎が酷くなるから近いうちにまた・・・・・

そう思っていたのだけど、痛がるそぶりがまったく見えなかった。
結局、あくびをする時に、口を開ける動きにひっかかりが見えた3/31につけた。
さっちゃん、投薬期間新記録。

口内炎になる前には、いつもひなたぼっこしながらこうやって大あくびしていた。
f0114416_0543822.jpg

↑さち、生後3ヶ月の時の写真。


最近、これに近いあくびをしている。
大口を開けて、ふぁ~ってしている。
ドライフードもバリバリ食べている。
やっと体調が安定してきたのかもしれない。
[PR]
by lyon-sion | 2013-04-05 00:58 | ちびたち健康メモ

さっちゃん

f0114416_0394371.jpg

よかったね。
[PR]
by lyon-sion | 2013-04-04 00:39 | ちびたち

買ってきた

f0114416_0394780.jpg

泣かずに買ってきた。

でも、読んだらやっぱり泣けた。

ただただ、自分の非力さがたまらなく。
[PR]
by lyon-sion | 2013-04-03 00:39 | ごあいさつ

じーちゃん

じーちゃんの体が無くなって8ヶ月が過ぎた。

未だに遺影と遺骨に声をかけてるけど、なんにもない。

普通、たまに目の錯覚とか疲れて幻影とか見ちゃうもんじゃないのか。

本当に、なんにもねー。

なんでかわからないけど、平助が遺骨のある場所によく興味を示す。

単にじーちゃんが入ってる戸棚の上に登りたいだけなのかもしれないけど。

未だにじーちゃんが死んだこと、急に理解できなくなるときがある。
あれ、なんで横にいないの?って思う。

じーちゃん、平助が来て、みんな仲良く過ごしてるよ。
信じられないほど、リオンと慈と幸の面倒見てくれてるよ。

じーちゃんがいた時みたいに、安心してお留守番おねがいして仕事に行ってるよ。

でもさ、やっぱ急にさびしくなるよ。
なんでじーちゃん、いないの。
[PR]
by lyon-sion | 2013-04-02 00:57 | 局長の日々

買えなかった本

多摩川猫物語 それでも猫は生きていく

小西 修 / 角川書店(角川グループパブリッシング)



あ、知ってるお名前・・・と思って手にとってパラパラめくっていたら
やっぱりぶわっときた。
本屋で泣いたの、初めてだった。

鼻水をすするくらい泣けてきたので、レジに行けず買えなかった。
明日、もう中身を見ないまま持ってレジに行こう。


私は東海道線で通勤しているので、毎朝多摩川河川敷を見ながら通勤している。
電車が鉄橋に差し掛かるころには、結構なスピードが出ている。
それでも、遠目に猫さんを見かける。

じーちゃんも河川敷らしきところでぶっ倒れてるところを保護されたんだった。
だから、じーちゃんが死んでしまった後は、東海道線が川崎駅を出て鉄橋を渡る音が消えるまで
目をつぶって過ごしてた。

でも、3月になって暖かい朝が来るようになって
目を開けてもこみ上げるものが少し和らいでたのだけど
やっぱりそれは遠目で見た景色だったんだな。


ちょっと切ない、を通り越して、泣くしかできない写真が多いけれど
やっぱりこれが現実なのだと思い知らされる。

やっぱり「こういう人」が、自分の行き場のない感情を、小さな生き物にぶつけるのかと
「ああ、やっぱり」と、頷いてしまったのだが
それは私の身近な人間に、そういう考えを持った人がいたからなおさらそう思った。
その身近な人物は、数年前に亡くなったけれど
自分自身の中で、ひたすら憎悪を育ててしまい、その捌け口が弱いものへ向けられる様は
当時、「弱い立場」だった幼かった私から見ても、情けなく、哀れでしかなかった。

憎悪を大きくした人間は、歯を食いしばりながら
弱いものを殴る。ひたすら殴る。
その手に、その拳に、その足に感じた、弱いものの皮膚や肉の感触はどんなものだっただろう。

そのとき、弱いものは殴られていながら、痛みはない。
痛さを通り越す殴打がある。
痛みは殴られ終わって、紫色の塊とともに数分後にやってくる。

憎悪を大きく育てた人間は、その憎悪を自分の中に産み落としたときに
その痛みを知っているはずだ。

だけど、その痛みを知って、相手への憎悪を育て続ける人間と
痛みを知ったから、それから必死に逃れて、憎悪以上に何も産み出さないのであれば
別の生き方を探していくことを望む人間とがいる。

願わくば、悲しいことがあったとしても
弱いものを殺めることにつなげる生き方を選択しないことが、悲しみが半減するのだと気づけ。

いや気づけないまま死んで行くのか。
気づけないなら、その生き方を笑ってやる。
[PR]
by lyon-sion | 2013-04-02 00:00 |